All about Photonics

Business/Market 詳細

2021年までの光学イメージング市場予測と市場分析

January, 16, 2017, San Marcos--テクナビオリサーチ(TechNavio Research)の調査によると、世界の光学イメージング市場は、2017-2021年の予測期間にほぼCAGR 8%で成長する。TechNavioの調査アナリストは、エンドユーザーをベースにして市場を分類している。

病院とクリニック
病院とクリニックは光学センシングの主要なエンドユーザーの1つ。光学センシング機器は、ガン、神経疾患、筋骨格疾患などの病気の診断に使用される。臨床医や技術者は、光学イメージングテストを行い、医師がそのデータを分析する。
「最近では、インド、中国、ブラジル、アフリカなどの発展途上国の国営病院がイメージング診断テストのアウトソースを決定している。そのような動きは時間と患者のエネルギーの節約にとどまらず、ヘルスセンタへの負荷軽減にもなる」と主席アナリスト、Srinivas Sashidhar氏は指摘している。

薬品およびバイオテクノロジー産業
 薬品とバイオテクノロジーでは、医療産業で光学イメージングシステムを使用する。これらのシステムは、利用しやすく、感度がよく、コスト効果が優れているからである。薬剤開発に役立つ光学イメージングは、前臨床段階の制約に対処し、臨床テスト中の病気の研究を容易にするデータ結果の改善に役立つ。

研究所
研究所の目的は先進的な光学イメージングソリューションの開発である。患者の診断、予後、処置に関連するデータで臨床医をサポートする。これが患者のケアの個人化と質を改善する。光学イメージングは、病気の発症をよりよく理解し、将来の治療につながる。研究者は、実現可能性試験の実施、仮定の実証にこの技術を選択する。