All about Photonics

Business/Market 詳細

医療ファイバオプティクス世界市場予測

November, 30, 2016, NY--トランスペアレンシーマーケットリサーチ(TMR)の調査によると、世界の医療用ファイバオプティクス市場は、2019年に13億3640万ドルに達する。
地域的には北米の医療用ファイバオプティクス市場が、2019年に5億5890万ドル規模に成長する。北米は、過去においては市場リーダーだった。APAC市場は、2013-2019年に最大のCAGR 8%成長が予測されている。アプリケーションベースでは、ファイバオプティク内視鏡セグメントが市場リーダーで、この市場は、2019年には5億4300万ドルに達する見込みである。しかしレーザファイバオプティクスセグメントが、2013-2019年の期間のCAGRが高く、8.3%で拡大すると予測されている。
 侵襲性の少ない手術でファイバオプティクスのアプリケーションが増えていることが、世界の医療用ファイバオプティクス市場成長の原動力となる。ヘルスケアにおけるファイバオプティクス需要は、加速すると見られている。これは、手術や診断に利用される医療機器や計測器の微小化トレンドのためである。老齢人口の増加が、先進的な診断具や測定器の需要を後押しする主因の1つとなっている。ガン、泌尿器学、眼病、消化器疾患などの病気を処置するニーズが増えていることが、計測器や先進的な患者モニタリング機器、特に正確な診断とモニタリングのためのバイオメディカル計測器のニーズを作り出している。
 世界の医療用ファイバオプティクス市場は細分化されている。市場を牽引するのは、TRUMPF, LEONI, American Medical Systems, Inc., and SCHOTTなどの企業。これらの企業は様々な製品を提供しており、世界中で多様なビジネスを展開してきた。
(詳細は、www.transparencymarketresearch.com)