All about Photonics

Business/Market 詳細

エステ/コズメティックレーザ市場、2021年に11億3270万ドル

October, 31, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「エステ/コズメティックレーザ市場、2021年までの予測」レポートを発表した。
 エステ/コズメティック(美容)レーザ市場は2016年に6億9760万ドル、今後CAGR 10.2%で成長して2021年に11億3270万ドルに達する見込みである。
 非侵襲的美容処置の普及増、ライフスタイルの変化と可処分所得の増加、技術の進歩、医療ツアーの増加がエステ/コズメティックレーザ市場の主要原動力である。
 エステ/コズメティックレーザ市場は、タイプ、アプリケーション、エンドユーザ、地域に基づいて分けられている。タイプでは、エステ/コズメティックレーザタイプ市場は、スタンドアロンレーザとマルチプラットフォームレーザに分けられる。この市場では、マルチプラットフォームが最速成長セグメント。これは、多重症状の処置ができるスケーラブル、アップグレード可能なハイブリッドシステムを提供となるためである。さらに、スタンドアロンレーザ市場は、CO2レーザ、Er:YAGレーザ、ダイオードレーザ、パルス色素レーザ、Nd:YAGレーザ、アレキサンドライトレーザ、およびその他(アルゴン、ルビー、クリプトンレーザ、エルビウム:ガラスレーザ)のスタンドアロンレーザに分かれる。
 アプリケーションベースでは、エステ/コズメティックレーザタイプは、血管病変、ニキビ&傷、色素性病変&タトゥー、脱毛、肌の若返り術、下肢の静脈&静脈瘤、およびその他(爪甲真菌症、婦人科合併症)に分けられている。脱毛セグメントは、2016年エステ/コズメティックレーザタイプ市場で最大シェアとなる見込み。美容処置の高普及率、レーザ技術の発展、男女とも外観の重視、可処分所得の増加などの要素が市場におけるこのセグメントの成長を後押ししている。
 北米が、2016年エステ/コズメティックレーザタイプ市場で最大シェアを構成する見込み。APAC地域がNo.2。この地域では、R&D資金の利用により、エステ/コズメティックレーザ市場の成長が促進される。また、APAC地域は予測期間において最速成長が見込まれている。これは、ライフスタイルの変化、皮膚損傷の症例増加、医療ツアーの増加によるものである。