All about Photonics

Business/Market 詳細

眼科用レーザ、CAGR 4.8%成長で2026年末には6億9710万ドル

October, 28, 2016, London--フューチャーマーケットインサイツ(FMI)は、「眼科用レーザ市場:グローバル産業分析と機会評価、2016-2026」を発表した。眼科用レーザ世界市場は、2015年に4億2150万ドル、2016年には4億3720万ドル、前年比成長率は3.7%。
 レーザ眼科手術に至る眼疾患の増加、白内障や緑内障などの眼疾患にかかりやすい老齢人口の増加などの要素が、予測期間を通じて眼科用レーザ世界市場の収益増加を後押しすると予測されている。眼科診療費の増加、先進経済諸国における政府の対策促進、建設的/積極償還/返済策、1人当たりの可処分所得の増加などの要素が、予測期間で世界の眼科用レーザ市場成長の原動力となると見られている。しかし、眼科用レーザのコスト、現在の眼科レ
を先進的な技術と置き換える際の高コストが、予測期間を通じて世界の眼科レーザ市場成長の障害になる可能性もある。

世界の眼科用レーザ市場は製品タイプ(光凝固レーザ、光切断レーザ、選択的レーザ繊維柱帯形成術)、病気の種類(糖尿病性網膜症、緑内障手術、白内障手術、その他)、エンドユーザー(病院、外来外科センタ、眼科病院)をベースにして分けられる。
・選択的レーザ繊維柱帯形成術製品タイプセグメントは、前年比成長率4.3%を反映すると見られている。光凝固レーザセグメントは、予測期間でCAGR 4.6%成長と予測されている。
・緑内障手術セグメントは、2016年末には世界の眼科用レーザ市場で市場収益最大シェアを記録する見込み。糖尿病性網膜症セグメントは、2016年末までには世界の眼科用レーザ市場で二番目のシェアとなる見込み。
・眼科クリニックエンドユーザーセグメントは2016年末の眼科用レーザ世界市場で最高の45.1%シェアが見込まれており、予測期間を通じてCAGR 5.6%成長の予測。外来手術センタセグメントは、2016年に前年比3.9%成長と推定される。

世界の眼科用レーザ世界市場は、7つの主要地域、北米、ラテンアメリカ、西欧、東欧、APEJ、日本、MEAに分けられている。北米が販売額で優位を占めており、2026年末には2億4240万ドルに達すると予測されている。北米は、2016年末で世界の眼科用レーザ世界市場で31.8%のシェア、西欧は33.9%の見込み。北米、西欧、APEJ市場は最高市場成長機会が見込まれている。これは、膨大な患者人口、糖尿病性網膜症や緑内障手術でレーザ技術需要が増加するためである。