All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の3Dプリント医療デバイス市場規模、2016-2026にCAGR 17.7%成長

October, 26, 2016, NY--フューチャマーケットインサイツ(FMI)は、「3Dプリント医療デバイス市場: グローバル産業分析と機会評価、2016-2026」を発表した。
 世界の3Dプリント医療デバイス市場は、2015年に推定2億3800万ドルとなり、予測期間を通じて成長が見込まれている。世界の3Dプリント医療デバイス市場は大きく分類すると、技術に基づいて6セグメントになる。光造形法(SLA)、選択レイヤ焼結(SLS)、デジタル光処理(DLP)、熱溶解積層法(FDM)、ポリジェット/インクジェット3Dプリンティング、電子ビーム溶解(EBM)。それぞれアプリケーションが違い、整形外科、歯科、内部および外部人工器官に特化されている。世界の3Dプリントデバイス市場は、前年比17.5%成長で、2016年には2億7960万ドルに達する見込みである。

セグメントごとの要点
・技術では、SLS技術セグメントが、2015年の世界3Dプリント医療デバイス市場では、他のセグメントに比べて販売額シェアが大きかった。予測期間では、SLSセグメントはCAGR 15.3%成長で2026年には2億3000万ドルに達する見込みである。2015年、ポリジェット/インクジェット3Dプリント医療デバイス技術セグメントの規模はSLS技術に比べると低かったが、需要増およびアプリケーションの増加により、予測期間でその価値は、技術セグメントの他のカテゴリの中で最高になると予測されている。

・材料別では、プラスチック材料セグメントが、世界の3Dプリント医療デバイス市場で販売額シェアが高かった。プラスチック材料セグメントは、予測期間ではCAGR 17.2%成長で2026年には9億8470万ドルに達する見込みである。

・アプリケーション別では、整形外科インプラントアプリケーションセグメントが他のセグメントと比較して、世界の3D医療デバイス市場で高い売上高シェアを占めた。整形外科インプラントアプリケーションセグメントは、予測期間のCAGR 19.9%成長を反映して2026年には6億4350万ドル規模に達するものと見られている。

・流通チャネルでは、病院エンドユーザセグメントが、外来外科センタや診断センタなど他のチャネルセグメントと比較して3Dプリント医療デバイス需要が高く、予測期間ではCAGR 18.7%成長が予測されている。

地域市場予測
3Dプリント医療デバイスの販売は近年米国市場で相対的に健全であり、北米が世界で最も儲かる市場になっている。北米の3Dプリント医療デバイス市場規模は、2015年に1億500万ドルで、販売額の大半は米国が占めた。北米に加えて、3Dプリント医療デバイス販売は、西欧、東欧、APEJで徐々に成長すると予測されている。西欧の販売額は、CAGR 18.5%成長、一方、東欧は、予測期間でCAGR 15.6%成長と予測されている。