All about Photonics

Business/Market 詳細

光線治療機器市場、2021年に5億8340万ドル

October, 25, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「光線療法機器市場、タイプ(長尺ランプ、CFL、LED、ファイバオプティク)、アプリケーション、エンドユーザ、地域ごとの2021年までのグローバル予測」を発表した。
 このレポートは、予測期間2016-2021年のグローバル光線療法機器市場を調査している。市場は、予測期間にCAGR 4.5%で成長して、2021年に5億8340万ドルに達する見込み。多くの要因が、この市場の成長原動力になっている。例えば、先進国および発展途上国市場全体で新生児黄疸の発生率上昇、皮膚病に罹る人々の増加、技術的に進んだ製品の流入、LEDベースの光線療法機器の普及。一方、代替治療様式の利用や、新しい機器の承認に対する厳しい規制政策は、この市場の成長の制限要因となる。
 装置タイプをベースにすると、世界の光線療法機器市場は3つのセグメントに分けられる。従来の光線治療機器、LED光線治療機器、ファイバオプティク光線治療機器。
 2016年現在、北米が世界の光線療法機器市場で最大シェアを取っており、これにヨーロッパが続いている。しかしAPAC市場は、2016-2021年の予測期間に最高のCAGR 6.1%成長が予測されている。新興アジア諸国における主要プレイヤによる戦略的な拡大、インドや中国における低価格の光線療法機器の普及増、皮膚病に罹る人々の増加などの要因が、APAC地域で光線療法機器市場の成長を後押ししている。