All about Photonics

Business/Market 詳細

腫瘍アブレーション市場、2021年に5億8010万ドル

October, 17, 2016, Amsterdam--ASDReportsのレポート「腫瘍アブレーション市場、世界予測2021」によると、市場は2016-2021の予測期間にCAGR 12.5%で成長して、2021年には5億8010万ドルに達する見込みである。
 技術ベースでは、腫瘍アブレーショングローバル市場は4つの主要カテゴリに分かれる。RFアブレーション、マイクロ波アブレーション、冷凍アブレーション、およびその他(電気、レーザ/光、超音波を含む)。治療方式をベースにすると腫瘍アブレーション市場は、外科手術、腹腔鏡手術、経皮治療に分けられている。腫瘍アブレーションのアプリケーションに基づいて市場は、肝臓ガン、肺癌、膀胱/腎臓がん、骨移転およびその他(前立腺、胸、結腸直腸、甲状腺、膵臓、神経内分泌、頭、首、腰痛ガンに対する腫瘍アブレーションを含む)。
 2016年、RFアブレーションセグメントが世界の腫瘍アブレーション市場で最大シェアとなる見込み。これは、処置が簡単であり(切開外科的手術と比較して)、臨床効果および安全性プロファイルの実績、技術的に進んだRF腫瘍アブレーションシステムの開発&商用化が進捗しているためである。しかし、2016-2021の期間で、マイクロ波アブレーションセグメントが最速成長技術セグメントを形成する見込み。これは、発熱の高速化(これによって周辺器官への損傷が減り、より大きな腫瘍のアブレーションができる)、低いヒートシンク効果(これは周辺の健全な組織を破壊することになる)、安全性&有効性プロファイルなどの付加的治療有効性によるものである。
 北米が、2016年の腫瘍アブレーション世界市場で最大地域セグメントを形成する見込み。APAC市場は、2016-2021期間に2桁のCAGRが予測されており、最速成長地域となる。老年人口の増加にともなうガンの増加、低治療コスト目的の医療ツアーの増加、主要プレイヤの市場浸透拡大、規制シナリオの進化を含む多くの要素が、APAC地域の腫瘍アブレーション市場の成長を後押ししている。