All about Photonics

Business/Market 詳細

眼科レーザ市場、2021年に12億4540万ドル

October, 14, 2016, Maharashtra--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「眼科レーザ市場、2021年までのグローバル予測」を発表した。
 同レポートによると、市場は2016年に9億7020万ドル、2016-2021年にCAGR 5.1%で成長して、2021年に12億4540万ドルに達する見込みである。眼科疾患の高率発生、老齢人口の急増、技術的な進歩、眼科レーザに対する規制認可の増加、糖尿病などの慢性疾患の増加、視力障害をコントロールするための取り組みの増加などが、今後世界の眼科レーザ市場成長を後押しすると見られている。

眼科レーザ世界市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザー、地域をベースにして分けられている。
 製品タイプでは、眼科レーザ市場は、フェムト秒レーザ、エキシマレーザ、Nd:YAGレーザ、ダイオードレーザ、その他に分類されている。フェムト秒レーザが、製品タイプでは、眼科レーザ市場で最大シェアを占めると予測されており、予測期間を通じて最高CAGR 成長が見込まれている。この成長は、屈折障害や白内障の発生増、フェムト秒レーザの技術的進歩、アプリケーションの増加、フェムト秒レーザの規制認可が原因である。

アプリケーションでは、眼科レーザ市場は、屈折障害矯正、白内障手術、緑内障手術、糖尿病性網膜症治療、加励黄斑変性症(AMD)治療およびその他に分けられている。2016年、屈折障害矯正がグローバル眼科レーザ市場の最大シェアを占めると見られている。これは、屈折障害発生率の増加、眼科レーザの技術進歩による臨床結果の改善が原因であると言える。2016-2021年の予測期間では、白内障手術セグメントが最高CAGRで成長すると予測されている。フェムト秒レーザによる白内障手術中の手動ステップのいくつかが自動化されることで、このアプリケーションでの眼科レーザの需要が増加すると予測されている。

エンドユーザーでは、眼科レーザ市場は、病院と診療所&外来外科センタ(ASCs)に分けられている。病院セグメントが、世界の眼科レーザ市場で最大シェアを占めると予測されている。これは、病院への新技術導入、新興経済諸国における病院数の増加によるものである。

地域的には、眼科レーザ市場は、北米、ヨーロッパ、APAC、RoWに分けられている。2016年、北米が世界の眼科レーザ市場で最大シェアを占めると予測されている。北米の大きなシェアは、眼科疾患の増加、慢性病発生率の増加、規制認可の増加によるものである。しかし予測期間では、APACが最高CAGR成長と予測されている。これは、眼科疾患の高率発生、失明予防に対する取り組みの導入、様々な眼科疾患に対する治療計画、老齢人口の増加が原因である。