All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の半導体レーザ治療市場、CAGR 11%で成長

July, 11, 2016, Boston--業界調査会社、Technavioによると、半導体レーザ治療世界市場は、2020年までにCAGR 11%超で着実に成長する。高まる外見の重要性が、特に米国、日本、ブラジル、韓国(South Korea)などの主要国で、美容整形産業の成長に貢献している。その結果、手術を行わない医療処置で医用レーザ治療の利用がこれらの地域で一般的になりつつある。
 非侵襲的レーザ処置は、皮膚科、眼科、心臓血管、美容整形などの領域で利用されており、また腫瘍関連の手術でも利用されている。短期間に迅速な結果が得られる治療に対する顧客の選好が強くなり、美容クリニック処置が急速に増加してきた。このことは、脂肪吸引術、豊胸処置、老化防止処置などの美容処置を行う個人クリニックに対する需要増となる。
 継続的なR&D投資と継続的な臨床試験により、最先端の技術的特徴を持つ、より高度な製品設計の導入となる。技術的進歩とインフラストラクチャの進歩とが相俟って、今後ヘルスケア支出の増大となる。
 結果的に、レーザ治療を行う公的病院やヘルスケア施設が増え、レーザ治療機器市場にとっては需要増となる。
 TechNavioによると、世界の半導体レーザ治療市場の主要ベンダはCutera, Cynosure, Lumenis, およびTopconである。