All about Photonics

Business/Market 詳細

歯科用レーザ市場、2020年に2億2470万ドル

November, 27, 2015, Vancouver--マーケッツ・アンド・マーケッツ(MarketsandMarkets)は、「歯科用レーザ市場-2020年までの予測」を発表した。それによると、2015-2020年にCAGR 5.2%で成長して、2020年には2億2470万ドルに達する。
 世界の歯科用レーザ市場は実質成長が予測されている。これは、中産階級、老齢人口の増加、発展途上国における医療および歯科治療を受けるための渡航が増加しているためである。
 世界の歯科用レーザ市場における技術的な進歩は、市場の成長主要因の1つとなっている。以前は大きかったレーザシステムは、現在では小型、可搬モデルが販売され、利用しやすくなっている。中には、歯科用ハンドピースのような構造で利用可能になっているものもある。これらの機器の最新モデルの中には、最新のファイバオプティクデリバリシステムを採用しているものもある。
 歯科用レーザは、ハンドピース、歯科用ドリル、歯の麻酔などの手術器具を不要にする。レーザを使った治療では、手術での出血が減り、心的外傷も少なく、患者は概ね楽になる。また、治療時間も短縮される。
 CO2レーザは、孔や裂け目に見つかる有機、非有機の破片を除去することができる。アルゴンやヘリウム-カドミウムレーザは第一保菌者発見に効果がある。Nd:YAGのようなレーザは虫歯除去に使える。
 2014年、北米が世界の歯科用レーザ市場で優位を占めていた。