ニュース

コロンビア大、メラノーマ脳転移に新たな洞察

July, 27, 2022, Irving--

脳転移は、ガン関連死の最も一般的な原因の1つであり、進行性メラノーマ患者では頻繁に起こる。新しい免疫療法は、メラノーマ脳転移の一部の患者には効果的である。メラノーマが脳へ広がる理由、多くの治療に対する反応が低いことについ […]

全文を読む

3Dバイオプリンティング市場、2027年に33億ドル

July, 27, 2022, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「3Dバイオプリンティング市場、コンポーネント(3Dバイオプリンタ(マイクロエクストルージョン、インクジェット、レーザ、磁気)、バイオインク […]

全文を読む

精密標的薬剤デリバリに微小ロボット

July, 22, 2022, Stanford--

スタンフォード医療エンジニアは、ヘルスケアを精密標的薬剤デリバリに近づける微小ロボットを開発している。  胃痙攣から頭痛まであらゆる病状を治そうと同じ丸い錠剤を飲んだことがあるなら、薬剤は必ずしも正確な痛みのポイントに対 […]

全文を読む

高精度ミラーと計算を組み合わせた軟X線顕微鏡を開発

July, 14, 2022, 東京--

東京大学物性研究所の木村隆志准教授(兼 理化学研究所 放射光科学研究センター 客員研究員)、竹尾陽子助教(兼 高輝度光科学研究センター ビームライン技術推進室、兼 理化学研究所 放射光科学研究センター 客員研究員)らの研 […]

全文を読む

手術ロボット市場規模、2030年までに227億ドル

July, 14, 2022, Delaware--

Global Market Insights Inc.のレポートによると、手術ロボット市場規模は、2030年に227億ドルを超える見込である。 一般外科や神経外科などの外科処置の増加、手術ロボットの急増が、業界展望の原動 […]

全文を読む

パデュー大学研究者、マイクロロボットで脳出血を除去

July, 13, 2022, West Lafayette--

パデュー大学バイオメディカルエンジニアリング准教授、Hyowon “Hugh” Leeは、磁気的に制御された医療デバイスを作製した。これにより脳卒中で脳に蓄積する血液を除去できる。研究成果は、Natrue Communi […]

全文を読む

「有機エレクトロニクス」の3Dプリンティング

July, 11, 2022, Houston--

ヒューストン大学、Cullen College of Engineeringのバイオメディカル工学准教授、Mohammad Reza Abidianは、マイクロスケール有機エレクトロニクスの将来の製造を展望して、マルチフ […]

全文を読む

溶解するインプラント可能デバイスで薬剤を使わずに痛みを除去

July, 11, 2022, Evanston--

ノースウエスタン大学主導研究チームは、オンデマンドで痛みを和らげる、薬剤不要の小さく柔らかなフレキシブルインプラントを開発した。この種の物で初のデバイスは、オピオイドや他の習慣性の薬剤に待望の代替案を提供できる。 生体適 […]

全文を読む

KAUST、ナノテクノロジーで骨を形成

July, 11, 2022, Thuwal--

KAUST研究者が開発したナノテクノロジープラットフォームは、変性骨疾患の新たな治療につながる。 同システムは、磁界に反応して曲がる微小な鉄線を利用している。これらのナノワイヤで、成長する骨形成幹細胞は、動く基板上で一種 […]

全文を読む

限界を突破し皮下のループ状毛細血管を世界で初めて可視化

July, 6, 2022, 仙台--

東北大学大学院医工学研究科新楯諒大学院生(研究当時、現・富士フイルム)、西條芳文教授らの研究グループは、韓国浦項大学のChulhong Kim教授らのグループとの共同開発でMEMSスキャンを用いた光音響顕微鏡を開発し、そ […]

全文を読む

フローサイトメトリ市場、2031年に104億ドル

July, 5, 2022, Portland--

Allied Market Researchのレポート「フローサイトメトリ市場」によると、2021年の市場規模は47億ドル、2022-2031年にCAGR 8.3%成長で、2031年に104億ドルに達する見込である。 フ […]

全文を読む

医療ロボットシステム市場、2030年までに764億ドル

July, 1, 2022, San Francisco--

Allied Market Researchのレポート「3Dプリンティング建設市場」によると、2021年3Dプリンティング建設市場規模は、14億ドル、2022-2031年にCAGR 87.3%で成長し、2031年までに7 […]

全文を読む

再生医療用細胞レシピをロボットとAIが自律的に試行錯誤

June, 30, 2022, 和光--

理化学研究所(理研)他の共同研究グループは、細胞培養の条件検討を自律的に試行錯誤するロボット・AIシステムを開発し、実際に再生医療で用いられる細胞培養のレシピを改善させることに成功した。 この研究成果は、科学実験のデザイ […]

全文を読む

シングル脳スキャンでアルツハイマー病を診断

June, 29, 2022, London--

Imperial College Londonの新しい研究によると、アルツハイマー病の診断には脳を一度MRIでスキャンするだけで十分である。 研究は、脳内の構造的特徴を見るためにマシンラーニング技術を利用する。これには、 […]

全文を読む

創薬向け人工知能(AI)市場は、2027年に40億ドル

June, 29, 2022, Northbrook--

マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「創薬向けAI市場、提供品(ソフトウエア、サービス)、技術(マシンラーニング、ディープラーニング)、アプリケーション(心臓血管、代謝、神経変 […]

全文を読む

糖尿病は、歯を弱くし虫歯を増やす可能性がある

June, 28, 2022, Dallas--

タイプ1とタイプ2の両方の糖尿病患者は、虫歯になりやすい。ラトガー(Rutgers)大学の新しい研究が、その理由を説明している。エナメルと象牙質、歯の構造を作っているエナメル下の硬い物資の強度と耐久性が減少するからである […]

全文を読む

AIベース画像分析で深刻な心臓病を自動的に検出

June, 23, 2022, San Francisco--

中国電子科技大学(UESTC)の研究チームは、新しいAI法を開発した。これは、OCT画像を使用して心臓動脈のプラーク浸食を自動的に検出できる。動脈のプラークモニタリングは、重要である。プラークが分裂すると、それが心臓への […]

全文を読む

超分解能顕微鏡市場、2030年に66億ドル

June, 23, 2022, San Francisco--

Grand View Researchのレポートによると、世界の超分解能顕微鏡市場規模は、2022-2030年にCAGR 9.01%成長で2030年に66億ドルに達する見込である。  増え続ける細胞生物学やバイオメディカ […]

全文を読む

スマートフォンに実装可能なAIを用いた軽量眼科画像解析モデルの開発

June, 20, 2022, 仙台--

東北大学大学院医学系研究科神経・感覚器病態学講座眼科学分野の中澤徹教授らのグループは、眼科検査画像に対する新たな人工知能(AI)のモデルを開発した。  この新しいAIモデルでは、疾患の特徴をAIが学習するために必要なデー […]

全文を読む

3Dプリントされた生きた耳を患者にインプラント

June, 15, 2022, New York & San Antonio--

臨床病期再生医療会社、3DBio Therapeutics (3DBio)と小耳症先天性耳奇形研究所(Microtia-Congenital Ear Deformity Institute)は、AuriNovoインプラン […]

全文を読む

脊椎疾患を金属3Dプリンティングで革新

June, 10, 2022, 大阪--

大阪大学大学院工学研究科の中野貴由教授の研究グループは、国立病院機構北海道医療センターの伊東学統括診療部長、帝人ナカシマメディカル株式会社らとの共同研究によって、全く新たな設計コンセプトの脊椎ケージを開発し、大型動物実験 […]

全文を読む

光コヒレンストモグラフィを次のレベルに進めたデューク研究者

June, 8, 2022, Reswood City--

デューク大学の研究者は、強化版OCTを開発した。これは、以前よりも広い3D視野で、高コントラストと解像度でバイオメディカルサンプルをイメージングできる。新しい3D顕微鏡は、バイオメディカル研究に役立ち、最終的により正確な […]

全文を読む

光と音で、素早い脳活動の前例のない細部を解明

May, 31, 2022, Durham--

デューク大学の研究者は、ハードウエア革新とマシンラーニングアルゴリズムの組合せを使用して、利用可能な最速光音響イメージングツールを実現しようとしている。 デューク大学バイオメディカルエンジニアは、マウス脳内の血流や酸素レ […]

全文を読む

パーキンソン病の兆候をセンシング

May, 30, 2022, Cambridge--

ハーバードSEASの研究者は、筋肉の緊張を計測するためにエクソスートセンサを適用する。  米国にはパーキンソン病の患者が約100万人いる。変性状態は、神経伝達物質ドーパミンを生成している脳のニューロンに影響を与える。これ […]

全文を読む

AIを使って患者データから安全にガンを検出

May, 27, 2022, Leeds--

リーズ大学(University of Leeds)の研究者は、個人情報を危険にさらすことなく、患者のデータからガンを予測するために人工知能(AI)を使う新しい方法が開発した。 AIは、画像、試行結果など膨大なデータを分 […]

全文を読む

ジョージア州立大学、「電子の眼」開発で前進

May, 27, 2022, Atlanta--

ジョージア州立大学の研究者は、新しいタイプの人工視覚デバイスの開発に成功した。これは新しい垂直スタッキングアーキテクチャを持ち、マイクロレベルでより深い色認識とスケーラビリティを可能にする。この新しい研究は、ACS Na […]

全文を読む

人工知能技術、血管の超解像度局所光音響イメージングを加速

May, 26, 2022, Pohang--

POSTECHの研究チームによると、人工知能技術が、血管の超解像度局所光音響イメージングを加速する。  落雷後、短時間に雷鳴が聞こえる。これは、稲妻に撃たれた周辺物質が光を吸収し、この光が熱に変換された結果、物質が膨張し […]

全文を読む

京都大学、マイクロ流体デバイスの製造に革新をもたらす新手法

May, 25, 2022, 京都--

京都大学の研究者による説明では、マイクロ流体は、極めて微量の液体を操作することができる薄くて柔軟なデバイスを実現する。現在、研究施設全体で行う必要がある多くの検査を小型化できるテクノロジーとして、オーダメイド医療などの分 […]

全文を読む

家庭の医療診断テスト向けにスマートフォン活用マイクロチップを開発

May, 24, 2022, Minneapolis--

ミネソタ大学(University of Minnesota)の研究チームは、病気診断向けに新しいマイクロ流体チップを開発した。これは、最小数のコンポーネントを使い、スマートフォンでワイヤレス給電可能。そのイノベーション […]

全文を読む

東京工科大学、新たな電⼦顕微鏡試料の染⾊法を開発

May, 20, 2022, 東京--

東京工科大学応用生物学部の松井毅教授、東京保健医療専門職大学リハビリテーション学部の佐々木博之教授らの研究グループは、新たな電子顕微鏡試料の染色法を開発した。  光学顕微鏡の染色剤として広く使用されているヘマトキシリンを […]

全文を読む

年別アーカイブ

下記にて過去のニュースをご覧いただけます。