All about Photonics

新製品 詳細

3D三角測量用途向けの 新しいCMOSセンサーファミリー

Flash 4K_low

September, 5, 2019--3Dレーザープロファイル/変位用、および高速、高解像度検査用に特化した、CMOSイメージセンサーファミリー「FLASH」を発表する。

新しいセンサー「FLASH」では、6μmのグローバルシャッターCMOSピクセルを搭載して、高解像度と高速フレームレートを同時に実現する。同センサーでは、4Kおよび2Kの水平解像度を有するタイプを取り揃えている。それぞれのフレームレートは、1800fpsと1500fps(8 bits)、また読み出し速度はそれぞれ61.4Gbpsと25.6Gbps(市場で最も優良な価格対Gbps比率)。µPGAセラミックパッケージによるセンサーは、4KではAPS型、2KではC-マウント型の標準光学フォーマットで提供する。

カメラメーカーによる組み込みが容易で費用対効果に優れた設計の新しいセンサーは、さまざまな分野で適用できる次の特徴を備えている。

•100dBまでをカバーするハイダイナミックレンジモードで、高反射性表面や同一イメージ内の暗部の計測、検査が可能
•複数の関心領域モードで、高さの計測におけるプロファイルレートとレンジおよび解像度との最適な妥協点を提示
•一部のパラメーター(露出時間、ビニング、ROI、反転および変換時間)におけるフレームツーフレームの「ホット」チェンジモードで、環境条件に対して柔軟かつリアルタイムに適応
•異なるトリガーモードで、生産ラインの速度に応じた、お客様によるアレンジが可能

センサーレベルでの多様な派生品を取り揃えた本イメージセンサーにより、顧客は特定の用途における問題を解決するために差別化を図ることができる。例として、フレームレート、消費電力、ビット数の間での妥協点を提示するマルチ操作モード、水平ビニングを利用したフレームレートアップ、特定の用途で必要となるシャインプルーフ原理に基づく角度に最適にフィットさせる機能などが挙げられる。

メディアに関するお問い合わせ:
yuki.chan@teledyne.com
TEL:852 3679 3652