All about Photonics

Products/Applications 詳細

Lextar、自動車メーカーに初の量産AEC-Q102認定VCSELsを供給

January, 24, 2022, Hsinchu--ToF 3Dアプリケーション拡大のためにEnnostar グループの子会社、Lextar Electronicsは、厳しいAEC-Q102基準をパスし、2020年に他社に先駆けて量産へ進んだ。さらに、2021年以来、EUとUSAの自動車メーカーに高品質VCSELsの供給を始めた。

Lextarの高効率PV88Q VCSELシリーズは、極めて高い環境耐性(-40°C~125°C)があり、能動冷却なしで動作可能で、厳しい自動車環境基準を満たしている。特殊な光学設計は、顧客の多様な製品設計ニーズを満たすために45°~120°の視野角(FOV)となっており、特に車内運転モニタリングシステム(DMS)、ADAS、および自動車センタコンソールの3Dジェスチャ認識アプリケーションに適しており、ドライバーの運転の安全を改善、ユーザエクスペリアンス向上に役立つ。

Lextar Electronicsビジネスグリーブ副部長、Mitch Leeは、「PV88Q VCSEL製品は、自動車基準認定を通り、量産されている。現在、当社は、EUとUSの自動車メーカーへの供給に成功している。このことはLextarの製品デザインを象徴しており、ハイエンドレーザパッケージング製造技術は、新たなマイルストーンに入った。また、自動車のインテリジェント運転モニタリングシステムにとってのLextarの効率的で信頼性の高いセンシングコンポーネントの供給力を証明している」とコメントしている。

最先端のオプトエレクトロニクス製造技術、プロのマネージメント、先進的装置とTS-16949認定工場で、LED集積ソリューションプロバイダ、Lextarは、業界トップのVCSELチッププロバイダと共にハイパワーVCSEL製品の開発を加速する。今後、Lextarのハイエンドレーザセンシング製品は、新しい世代の車輌のサプライチェーンで、より重要な役割を担う。
(詳細は、https://www.lextar.com/)