All about Photonics

Products/Applications 詳細

新世代LiDARで自律走行を現実にする

December, 1, 2021, Bavaria--Valeoは、第3世代スキャニングLiDARを紹介した,市場デビューは2024年の予定。
 この技術は、大幅な性能向上であり、自律走行を現実にし、以前には見えなかった道路の安全性を実現する。

ValeoのR&Dと戦略担当シニアVP、Geoffrey Bouquotは、「Valeoの第3世代LiDARは自律走行車に向けた大きな技術進歩である。このアップグレードは、その分野におけるValeoの技術的、産業的リーダーシップを強化する。すでに現在Valeoは、自動車グレードLiDARスキャナを連続生産している。このデバイスで当社の第一目標は変わらず、道路で命を救うことである」とコメントしている。

Valeoの第3世代LiDARは、距離、分解能、フレームレートで比類のないパフォーマンスを提供する。

それは、1秒に450万ピクセル、25フレームで車輌周囲の3Dリアルタイム画像を再構築する。前世代と比べて、分解能は12倍、距離は3倍、視野角は2.5倍に増加している。

その独自の感知力により、この新しいLiDARは、人、カメラ、レーダーが見ることができないものを見る能力がある。つまり、運転は多くの状況で車輌に委託できる(Level 2以上)、これには130km/hまでの速度でのハイウエイ走行も含まれる。そのような状況でも、第3世代スキャニングLiDARを装備した車輌は、自律的に緊急事態に対処できる。

ValeoのスキャニングLiDARは、車輌周囲の全ての物体を検出、認識、分類する。物体が動いているなら、そのスピードと方向を計測する。スキャニングLiDARは、目が眩むほど明るくても、真っ暗闇でも、あらゆる光条件に適用可能である。適切なブレーキング距離を計算するために雨滴の密度さえ計測する。それは、車輌がドライバーの視線に入っていなくても近くの車輌を追跡する。また、アルゴリズムを使用してその軌跡を予測し、必要な安全操作を始動する。

これらの特徴によりスキャニングLiDARは,車内および周囲の他の人々、歩行者、サイクリスト、他の道路利用者を保護する。それを装備している車輌以外に、このLiDARは、クラウドを介して,道路の他の車輌に危険を告知する。その比類のない関知力から社会が利益を得るようにするためである。

Valeoは、ハードウエア、ソフトウエア、関連の人工知能(AI)を含め、全システムを設計、製造している。AIは、「頭脳」であり、収集データを統合し、車輌が瞬時に適切な判断を下せるようにする。そのソフトウエアは,自動的に環境に適合し、定期的アップデートにより徐々に性能を高める。

Valeoは、産業規模でスキャニングLiDARを製造する最初にして、今日まで唯一の企業である。すでに150000台を製造しており、スキャニングLiDARスキャナを装備している車輌の99%がValeoのスキャニングLiDARを搭載している。

2030年までに、30%のプレミアム新車がLevel 3に達する。そのためには,LiDAR技術の装備が必要である。自動車、自律シャトル、ロボタクシー、配達ドロイド、自律トラック、あるいは農業、砿業、インフラストラクチャ業種は1台あるいさらに多くのLiDARsを装備する必要がある。LiDAR市場は、2030年までに500億ドルを超える見込である。