All about Photonics

Products/Applications 詳細

AEyeのインテリジェントLiDAR、NVIDIA DRIVE自動運転車で利用

July, 19, 2021, Dublin--AEye, Inc. (“AEye”)は、NVIDIAと協働して、NVIDIA DRIVE自動運転車プラットフォームに適応型、インテリジェントセンシングを搭載すると発表した。
 NVIDIA DRIVEプラットフォームは、レベル2+自動運転から~レベル5完全自動運転向けのオープン、エンド・ツー・エンドソリューション。AEyeのインテリジェント、アダプティブ(適応型)LiDARは、NVIDIA DRIVEプラットフォームでサポートされており、最先端のADASおよびAVアプリケーションの構築、導入に際して、自動運転車開発社は次世代ツールにアクセスして、収集データの特性と品質を高めることができる。特にAEyeのSDKとVisualizerにより開発社は、プラットフォームにセンサとビューポイントクラウドを構築できる。

AEyeのCEO、Blair LaCorteは、「NVIDIA DRIVEプラットフォームで顧客に当社のセンサのフル機能を提供できる。クラス最高、フルスタック自律ソリューションを望むADASおよびAV開発社は、様々なレベルの自律性に向けたソリューション構築で、レベル2+からレベル5まで単一適応型LiDARプラットフォームを利用する比類のない能力を持つことになる。当社の考えでは、インテリジェンスが新しい水準の安全性とパフォーマンスを供給する決め手になる」とコメントしている。

NVIDIAのセンサエコシステムのシニアディレクタ、Glenn Schusterは、「AI駆動センシングと感知は、自動運転および自律運転における最も困難なコーナーケースの解決にとって極めて重要である。NVIDIAエコシステムパートナーとして、AEyeのアダプティブ、インテリジェントセンシング機能は、当社のDRIVEプラットフォームを補完するものである。これにより、安全なAV開発と導入が可能になる」と話している。

AEyeのアダプティブLiDARは、センシングに独自のインテリジェントアプローチ、iDAR (Intelligent Detection and Ranging)を採用している。その高い性能、アダプティブLiDARは、バイスタティックアーキテクチャをベースにしている。これは、送信と受信チャネルを分離する。各レーザパルスが送信されると、固体レシーバが、そのリターンの場所と時を指示される、これにより対象取得の方向とポイントで並行処理と決定論的なAIがセンシングプロセスに導入可能となる。究極的に、これがiDARプラットフォームを適応型として設定する。したがって、最も重要なものに焦点を絞り、同時に車輌の周囲をモニタリングし、長距離、低コストでより高信頼、安全、高性能となる。
(詳細は、https://www.aeye.ai)