All about Photonics

Products/Applications 詳細

JAI、45メガピクセルカメラ、60fps超で8 K解像度

SP-45000-CXP4-featured-news

January, 17, 2020, Vancouver--JAIは、同社Spark Seriesに、SP-45000-CXP4、新しい45メガピクセル高性能産業用カメラを発表した。このカメラの特徴は、8K TV解像度(7680 x 4320 ピクセル)で65fps、またはフル8192×5460(44.7メガピクセル) 8-bit解像度、52フレーム/secが可能な最先端のCMOSイメージャ(グローバルシャッタ)。これは、現在市場にある40-メガピクセル、50-メガピクセル産業用カメラの中で最速である。

スピードだけでなく、SP-45000-CXP4は、わずか4.5電子のダークノイズ、標準ダイナミックレンジ67 dBにより、優れた画像品質を提供。1回の撮像に適用されるデュアルゲイン技術を使う特別組込高ダイナミックレンジ(HDR)モードが、最大フレームレート30 fpsで、ダイナミックレンジを73 dBに高める。HDR出力は、14-bitリニアフォーマット、またはビットデプス8、10、12bitsでニーポイント圧縮フォーマットで提供される。

低速アプリケーションでは、画像品質は、さらに強化。これはカメラ組込フレーム統合機能で平均すると最大8連続フレームとなり、画像のショットノイズが低減されるからである。

SP-45000-CXP4モデルには2モデルがある。モノクロ出力(SP-45000M-CXP4)、ホストベース補間法(SP-45000C-CXP4)向けのローBayer出力モデル。両モデルとも、ホストへの高速接続に4レーンCoaXPressインタフェースが特徴。

SP-45000-CXP4の画像センサは、3.2-マイクロン平方ピクセル、31.5 ㎜ダイアゴナル(Super 35 ㎜フォーマット)。これによりカメラは、コンパクトな62 x 62 x 84.2 mmフォームファクタに収まる。

両モデルで提供される他の重要な特徴に含まれるのは、シングルおよびマルチROI機能、左右画像反転、エッジ強調機能、シーケンサトリガー機能、Birger Mount接続レンズ制御組込機能。1×2、2×1、および2×2ビニングは、モノクロモデルだけで提供。
(詳細は、https://news.jai.com)