All about Photonics

Products/Applications 詳細

Intel、RealSense LiDARカメラ技術

The Intel RealSense lidar camera L515 is the world’s smallest and most power efficient hi-res lidar, featuring unparalleled depth and accuracy that makes it perfect for indoor uses cases such as health, retail, logistics, robotics and measurement. Intel Corporation introduced the Intel RealSense LiDAR Camera L515 in December 2019. (Credit: Intel Corporation)

December, 25, 2019, San Francisco--インテルは、Intel RealSense LiDARカメラL515を発表した。これは、世界最小、最も省エネ、高分解能で、1秒に数100万の深さポイントを取るLiDARである。LiDARを小型デバイスに組み込んで世界を3D感知するために全く新しい方法を実現した独自技術で設計されたL515は、高品質パフォーマンス、ミリメートル精度を、視覚能力を必要とする製品に提供する。

「Intel RealSense技術は、機械やデバイスが世界を3D感知することで人々の生活を豊かにする製品開発に利用される。L515深さカメラにより、われわれは、高分解能LiDAR性能を市場に出す。これは、以前には利用できなかった技術である」とIntel RealSenseグループVP、Sagi BenMosheはコメントしている。

Intel RealSense深さ技術エクスパートが、新しい高品質深さカメラファミリ向けに、画期的な固体LiDARを開発した。Intel RealSense LiDARカメラL515の並ぶもののない深さ品質と低消費電力は、1秒に2300万の正確な深さポイントを生成する能力と相俟って、広範なアプリケーションに最適となっている。

物流産業は、L515の高分解能と現場の完全認識から恩恵を受ける市場である。在庫管理オートメーションを探している企業は、製品の正確な容積測定の恩恵を受け、したがって常に在庫の正確な状態把握ができる。L515の多くの他のアプリケーションは、3Dスキャニング、ヘルスケア、小売、ロボットなどたくさんある。

動作方法
光検出と測距(LiDAR)は、リモートセンシング技術である。レーザ光とレシーバを使って対象物とターゲットまでの距離を計測する。Intel RealSense LiDAR技術の違いは、それが先進的、微小MEMSミラーを使って現場をスキャンすることである。この方法により、レーザパルスパワーを低減し、世界最小、最高の省エネ、高分解能LiDARが達成された。

精度と深さエッジ忠実度に関して、L515は別格である。サポートしている距離0.25m – 9mで一貫して高精度。深さ分解能30 fps 2014×768で、1秒に2300万の高精度深さピクセルを生成。Intel RealSense LiDARカメラL515は、内部視覚プロセッサを持ち、被写体ブレアーチファクト低減、短フォトン対深さ遅延。軽量L515の消費電力は3.5W以下、長寿命バッテリの柔軟性があるハンドヘルド機器に容易にマウントできる。L515は、常に利用できる状態にあり、その寿命を通じてキャリブレーションなしで奥行き精度を維持している。

カメラは、加速度計、ジャイロスコープ、FHD RGBビデオカメラも特徴。Intel RealSenseデバイスポートフォリオ全体として、同じオープンソースIntel RealSense SDK 2.0を利用する。
 
Intel RealSense LiDARカメラL515は、価格349ドル、プリオーダー提供可能である。