All about Photonics

Products/Applications 詳細

エプソンロボット、IntelliFlex供給システム製品ライン拡張

November, 7, 2019, Rosemont--10月に開催されたAssemblyショーで、エプソンロボット(Epson Robts)は、IntelliFlex 530 フィーディングシステムで、同社のIntelliFlex製品ライン拡張を発表した。IntelliFlex 240(4月発表)は、サイズ5~40㎜の部品を収容できる。IntelliFlex 530は、サイズ30~150㎜の部品をサポートできる新しいフィーダサイズを提供する。
 Epson RobtsのIntelliFlexソフトウエアとビジョンガイドを備えたIntelliFlexフィーディングシステムは、広範な部品を収容するシンプルで、手頃な価格の供給ソリューション。アプリケーションは、医療、コンシューマー、自動車、エレクトロニクスなど。
 新しいIntelliFlex 530は、プラスチック、ラバー、金属パーツの取扱に最適。また、特に機械的アセンブリ、電子アセンブリ、キッティング、パレタイジング、トレイローディングや材料ハンドリングなどのアプリケーションに適している。
 Epson Robotsの製品マネージメントディレクター、Gregg Brunnickは、「当社は、伸び続ける多品種少量部品シンギュレーションに応えるために、IntelliFlex Feeding Systems製品ラインを拡張している」とコメントしている。「エプソンロボット、フィーダ、ビジョンシステムを単一開発環境に組み込むと、開発時間を飛躍的に短縮でき、メーカーの運用効率に迅速な部品切替を提供する。幅広い部品サイズを収容できるソリューションの追加によって当社の顧客には、特殊なアプリケーションニーズ対応するオプションが増えることになる」。
 これら画期的なソリューションは、費用と時間のかかる設備切り替えを取り除き、メーカーは、新たな装置を購入することなく、幅広いパーツに対処できるようになる。Epson RC+ Development Softwareを組み込むことでIntelliFlex Feeding Systemsは、一つの環境で設定も構成も容易になる。システムのポイント&クリックインタフェースは、最先端のアプリケーションに必要とされる典型的な開発時間短縮に役立つ。スマートオートチューニングは、新しいパーツ向けにIntelliFlex Feeding Systemsを自動調整し、柔軟でコスト効果の高い、将来的においても有効なシンギュレーションソリューションを実現する。

(詳細は、https://news.epson.com/)