All about Photonics

Products/Applications 詳細

高速カメラで製薬産業製造工程の安全を確保

Blue and white capsules in transparent strips.

September, 9, 2019, Unterschleissheim--正当な理由で、製薬産業の品質基準は極めて高い。薬剤生産におけるごく稀なエラーでも、活性成分、他のキャリアの特性に重大な影響を及ぼす。同じことが薬剤のパッケージングプロセスにも適用される。両方の場合、高速カメラが製造モニタリングを改善し、品質保証と工程最適化に決定的に貢献する。
 多くの製造プラントの工程シーケンスは、非常に速いので裸眼で認識したり、チェックすることさえできない。特に散発的に起こるエラーの場合、原因は多数ある。さまざま々な影響が、工程シーケンスのスローモーションビデオによって適切に認識され、分析できる。これは、高フレームレートと解像度で記録されている。高速カメラが、プロセスエラーの位置特定と分析に利用される。カメラは、適切な時間に数秒の短い高速ビデオシーケンスを記録できる内部メモリを持っていることがある。
 高速カメラは、分解能が最大4メガピクセルであり、この分解能で1秒に最大560画像を記録できる。より小さな画像セクションを選択することで、数万fpsの非常に高速のフレームレートが可能である。求められる記録時間により、内部メモリを持つカメラは最大13秒までのシーケンスを記録できる。プロセスエラーがめったに起こらない、長い記録時間のアプリケーションでは、最大7時間の高速ビデオ記録の長期記録システムの利用が推奨される。