All about Photonics

Products/Applications 詳細

e-con Systems、最新4KマルチフレームバッファUSBカメラ発売

August, 15, 2019, St. Louis--内蔵カメラソリューション提供企業、e-con Systems Inc.は、FRAMEsafe、USB UVCカメラを発表した。これは、USBインタフェースで画像の高信頼伝送を保証する内蔵バッファを搭載している。
 e-con独自のFloControl技術を装備した、FRAMEsafeカメラは、オンデマンド画像捕捉機能をサポートしており、これはホストアプリケーションから制御可能。カメラ画像捕捉とUSB通信との効果的な分離により、マルチFRAMEsafeカメラは、同じホストプロセッサで利用でき、どのカメラからもフレーム損失はない。FSCAM_CU135は、FRAMEsafeカメラシリーズで初のフレームバッファカメラである。
 FSCAM_CU135は、ON Semiconductorsの強力な13 MP解像度ベース1/3.2-inch AR1335, a 1.1-pixel BSI CMOSイメージセンサを搭載し、顧客がレンズを選択できるS-マウント(M12)レンズホルダを装備している。これは、ストレージ用オンボードDDRメモリにXilinx SpartanシリーズFPGAを活用している。
 また、超高速フレーム蓄積ととアクセスに2Gb DDR3 SDRAMを装備。最大5までの13MP(4208×3120)非圧縮UYVYフレームを蓄積でき、ストリーミングの途絶は全く存在しない。したがって、ホストがビジーでデータが落ちるようなミッションクリティカルなアプリケーションには最適である。
 FSCAM_CU135は、3Dスキャニング、写真計測法や駐車場管理などの産業には、大変革をもたらすものである。このカメラは、まとめて効果的に利用することができる。例えば、多数のカメラを単一のホストシステムに接続することができる。自動帯域シェアリング機能により、すべての接続カメラのストリーミングに途絶なしを保証できる。数100のカメラで、画像前処理機能を組み込んでいる場合、同一対象の画像をさまざまな角度で撮る必要がある場合、この製品は最適であり、1フレームの損失もない。
 さらに、FSCAM_CU135は、異なるセンサまたはレンズでカスタマイズしてすべてのアプリケーション要件に合わせることができる。
(詳細は、https://www.e-consystems.com)