All about Photonics

Business/Market 詳細

商用/産業用マシンビジョン市場、2027年に360億ドル

February, 14, 2022, New York--ABI Researchの調査によると、マシンビジョンは、急速に、自動車、ヘルスケア、製造、小売、スマートビルディング、スマートシティ、輸送および流通におけるデジタル化と自動化の重要な有効技術になりつつある。7つの主要市場におけるマシンビジョン技術の総収益は、2022年の214億ドルから、CAGR 11%成長で2027年には、360億ドルに達する見込である。

従来、マシンビジョンは、主に監視とセキュリティ、資産管理、欠陥検出に焦点を当てていた。これらの成熟アプリケーションは、エンタプライズ市場でカメラ出荷の大きな部分をを牽引し続けている。しかし、業界は刺激的な曲面を経験しつつある。COVID-19パンデミックとデジタル化願望が、革新的な利用例を出現させた。在宅検出、混雑モニタリング、予測保守、高精度自動検査、自動ピッキング、倉庫の分類システムなどである。

「これらの革新的利用例は、今後の業界の成長原動力となると予測されている。これらの革新的利用例の主要な原動力は、マシンラーニング(ML)、特にMLにおけるディープラーニング(DL)技術である。全てではないが、ほとんどの技術サプライヤは、フレキシブル、スケーラブル、非常に効率的なDLベースソリューションを提供している。同時にエンタプライズは、DLベースマシンビジョンの利点に気づき始めている」とABI Researchの主席アナリスト、Lian Jye Suは指摘する。「コンポーネントやエンジニアリングコストの低下、サードパーティソリューションとの統合しやすさの増加、オープンソースソフトウエアやツールキットの増加などの要素と併せて、多くのエンタプライズにとって、効果的なマシンビジョンソリューション採用の障壁が大幅に下がった。

さらに先へ進むと、分散コンピューティングが、マシンビジョンにおけるML実装の中心テーマになる。コンピューティングプラットフォームベンダ、NVIDIA、Qualcomm、Xilinx、およびNXPなどは、カメラで直接MLモデルを走らせることができるプロセッサを積極的に発売している。カメラが接続するゲートウエイやオンプレミスサーバでもMLモデルを走らせることができる。MLモデルをクラウドで走らせる代わりにこれらのベンダは、MLプロセッサからML開発環境や内臓セキュリティ強化までの範囲の一連のソリューションを開発した。目的は、MLモデルのタイムリーな開発と導入、既存ワークフローへのスムースな統合を確実にすること。さらに、この領域は、Hailo、Perceive、Syntiant、Mythic、GrAI Matter Labs、およびDeGirum.などエッジでマシンビジョンに注目している革新的な新興スタートアップとの競争が一段と激しくなると予想されている。

現在、ハードウエア収益が、89%で、収益の主要要素である。しかし、時間と共に、ソフトウエアとサービスのシェアが、11%から16%へと成長する見込である。DLベースマシンビジョンの登場により、ますますMLソリューションプロバイダは、業種に特化したDLベースマシンビジョンモデルの開発、導入、メンテナンスの周辺に収益モデルを構築しようとする傾向がでてきている。例えば、InstrumentalやLanding AIは、製造向けのマシンビジョンソリューションを重視している。ビデオテレマティクス、ドライバーモニタリングではCipiaやCogniac。患者診断では、ArterysやLunitだ。「車内の専門技術に完全に依存する代わりに、エンタプライズは、これらの企業と提携して、目標とするソリューションをいっしょに開発することができる。そのような提携は、カスタムMLモデルの構築、メンテナンスにおける複雑性低減には重要であり、ROIを最大化しながらTime to Marketを加速することができる」とSuは結論づけている。