All about Photonics

Business/Market 詳細

光イメージング市場、CAGR 10.8%で2030年には38億6000万ドル

January, 21, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「光イメージング市場、製品タイプ、治療領域、エンドユーザ、2021-2030年グローバル機会分析と産業予測」によると、世界の光イメージング市場は、2020年に13億8000万ドル、2021-2030年にCAGR 10.8%で成長して、2030年には38億6000万ドルに達する見込である。

光イメージングは、臓器、組織、細胞の画像生成に光波を利用する。光学画像の生成には、様々なタイプのデバイスとシステムが使われている。例えば、イメージングシステムは、観察、画像取得に使用される。これらのシステムは、カメラ、イメージングレンズと照射光源で構成されている。同様に、照射システムを使って、光源からの光を所望の分布に転写する。

また、光学イメージングを使って、体内の様々な細胞や分子のプロセス画像を作成できる。これには、プロテーゼ活性、タンパク質分解、タンパク質の相互作用が含まれる。さらに、小動物モデルの研究にも利用されている。光学イメージングの他のアプリケーションは、ロボット手術の内視鏡、OCTがある。これらは、表面下の画像取得に用いられる。心臓専門医が、冠動脈疾患の診断に利用していいる。

光イメージング市場の成長を後押しする主因に含まれるのは、視力障害を制御する政府政策の急増、老齢人口の増加。さらに、神経疾患、眼疾患、心臓血管疾患関連の驚くべき急増が光学イメージングの必要性を助長し、したがってた光イメージング市場の成長を後押ししている。光イメージング市場の成長に貢献する他の主要な要素に含まれるのは、緑内障や白内障など眼疾患の発生急増がある。

光イメージング市場は、製品タイプ、治療領域、エンドユーザおよび地域に分けられている。製品タイプでは、市場は、イメージングシステム、ソフトウエア、カメラ、レンズおよび照射システムに分けられている。イメージングシステムセグメントは、さらに光学イメージングシステム、スペクトル画像解析に二分される。治療分野により、市場は、眼科、腫瘍学、心臓病、神経疾患などに割れられる。エンドユーザでは、病院&クリニック、研究機関、製薬業&バイオテクノロジー会社に分けられている。地域では、北米、ヨーロッパ、APAC(中国、日本、インド、オーストラリア、韓国、その他)、LAMEA(ブラジル、サウジアラビア、南アフリカ、その他)で分析されている。

調査の要点
・製品タイプでは、イメージングシステムセグメントが、2020年、光イメージング市場でシェア35.79%だった。
・地域では、APACが、予測期間にCAGR 12.4%で成長する見込である。
・ヨーロッパでは、2020年、光イメージング市場でドイツが19.83%のシェア。
・治療分野では、2020年、世界の光イメージング市場で眼科セグメントが、35.67%のシェアだった。

(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)