All about Photonics

Business/Market 詳細

ディープラーニング市場、2030年に1799億6000万ドル

January, 25, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「グローバルディープラーニング(DL)市場、コンポーネント、アプリケーション、業種: 2021-2030グローバル機会分析と産業予測」によると、グローバルDL市場規模は、2020年に68億5000万ドル、2021-2030にCAGR 39.2%で成長して、2030年には1799億6000万ドルに達する見込である。

ディープラーニング(DL)は、利用が限られたデータセットリソースのトレーニングから新しい先進的な特徴を生み出すことができる。さらに、コンピューティングパワーの改善、ハードウエアコストの下落、クラウドベース技術の採用増が、グローバルDL市場の成長を後押しする。加えて、ビッグデータ分析におけるDLの利用は、市場の成長に影響を与える。しかし、技術で利用される複雑なアルゴリズムや技術専門家の欠如&標準およびプロトコルがないことが、市場の成長を妨げる。他方、ヘルスケア、旅行、ツーリズム、およびサービス業における累積支出は、予測期間に市場の拡大に有利な機会を提供すると見られている。

コンポーネントでは、ソフトウエアセグメントが、市場の最大シェア。これは、スマートフォンアシスタント、小切手を読むATMs、ソーシャルネットワークの音声&画像認識ソフトウエア、多くのウエブサイトに広告を出すソフトウエアなど、様々なアプリケーションでソフトウエアソリューションの採用が増加しているからである。しかし、サービスセグメントが,予測期間に最高成長率となる見込み。これは、主要産業による様々な種類のインストレーションサービス、保守サービスが拡大するからである。

地域では、2020年、ディープラーニング(DL)市場は、北米が優勢であり、予測期間もその地位は維持される見込である。これは、同地域で人工知能(AI)やニューラルネットワークへの投資が伸びるためである。しかし、APACは、予測期間に大きく成長する見込である。スマートフォン、タブレット、PCsなど電子製品でDL技術が採用されるからである。また、インドや中国で医療や自動車製品に使用され、APACにおけるディープラーニング市場の成長を後押しする。

COVID-19爆発は、ディープラーニング市場にプラスの影響を及ぼすと見られている。これは、デジタル変革の増加によるものであり、様々な政府がエンドユーザデータを保護するために、General Data Protection Regulation (GDPR)およびCalifornia Consumer Privacy Act (CCPA)などの厳しい規制を導入しており、これが市場の成長を後押ししている。

調査の要点
・提供品では、2020年、ソフトウエアセグメントが最大ディープラーニング市場シェアだった。
・地域では、2020年、北米が最高収益を生み出した。
・アプリケーションでは、2020年、データマイニングが、最高収益を生み出した。