All about Photonics

Business/Market 詳細

前臨床光学イメージング市場、2030年までに8億5970万ドル

February, 10, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「前臨床光学イメージング市場、種類、エンドユーザと地域、2021-2030、グローバル機会分析と産業予測」によると、世界の光学前臨床イメージング市場は、2020年に5億1610万ドル、2021-2030にCAGR 5.25%成長し、2030年に8億5970万ドルに達する見込である。

光学イメージングデバイスは、前臨床創薬と開発の標準ツールとして役立つ。この撮像手段は、動物内の仮想ウインドウであり、分子レベルでの生命活動追跡を容易にする。この方法は使いやすく、高スループット、優れた感度で手頃な価格であり、放射線を発しない。

非侵襲的生体内イメージング法は、前臨床創薬や開発で動物モデルの利用を新たなレベルに押し上げ、迅速かつ効率的な薬剤効果のスクリーニングを可能にする。創薬と開発研究の前臨床段階で、試験管内および生体内テストを行って、治験前に、薬剤候補が人でテストすることの安全性を確認する。動物モデルは、人の病気の研究、新しい処置の開発に役立てるために前臨床研究で利用される。動物モデルの生物学的関連性は、臨床結果の予測には極めて重要である。

前臨床イメージングの主要な目的は、薬剤R&Dの時間と費用を低減しながら、臨床的成功の確率を増やすこと。核医学技術(主に、PET、SPECT、光学イメージング、CT、MRI、MRSI)、および超音波は、小動物生体イメージングアプリケーションに最適の方法である。各方法は、独自の一連の長所、短所がある。

非侵襲的、全身生体光学イメージングにより、発光レポータでラベリングすることで、病気の評価、薬剤の体内分布、小動物における分子現象が可能になる。腫瘍細胞、幹細胞、免疫細胞、遺伝子治療、ウイルスあるいはバクテリアは、一般に蛍光タンパク質でタグづけされている。薬剤デリバリナノ粒子や生物薬剤(例えば抗体)は、蛍光染料の部分的マーキングにより追跡可能である。生体光学イメージングは、研究者が生体内分布、細胞あるいは遺伝子活性をモニタし、データを利用して薬物、遺伝子発現、病気伝播を追跡する際に役立つ。また、光出力によって新薬候補の影響をモニタ、分析する際にも有用である。

光学前臨床の成長は、分子イメージングにおける技術開発、非侵襲的小動物イメージング技術の需要急増、公的・私的取組、先進技術への投資によって主に後押しされている。加えて、新しい病気の出現、新しい分子の発見、その治験が、市場の成長をさらに促進する。

例えば、USFDAの薬剤評価・研究センタ(CDER)によると、2020年、約53の新規化合物(NMEs)が認可された。したがって、そのような薬剤の承認やイノベーションが、市場の成長をさらに強く後押しする。しかし、導入の高コスト、光学前臨床イメージングに関わる関連費用、厳しい政府の規制が、市場の成長を阻害すると見られている。

USFDAによると、年間に薬剤の有害反応により10万人以上の人が死亡している。薬の副作用は、米国では4番目に多い死因である。したがって、薬剤開発研究における効果的なアプローチで、新薬候補の開発を促進し、治験で薬剤の失敗事故を制限するために、バイオテクノロジーおよび製薬会社は、最新の高額前臨床イメージング技術を採用せざるを得ない。これにより、市場拡大で利益の機会が見込まれている。さらに、世界中で前臨床研究のためのレファランスラボの設立が市場の成長を一層促進すると予測されている。

方法では、市場は、生物発光&蛍光イメージングシステム、スタンドアロン蛍光イメージングシステム、光学+X線&光学+CTに分けられている。生物発光&蛍光イメージングシステムセグメントが、2020年に最大収益を生み出し、2億4540万ドルだった。光学+X線&光学+CTセグメントは、予測期間に最高CAGR 5.7%で成長する見込である。

エンドユーザでは、市場は、製薬&バイオテック会社、学術&政府研究機関、契約研究機関に分けられる。2020年、契約研究機関が市場で優位を占め、規模は2億4530万ドルであり、予測期間にCAGR 5.8%で成長する見込である。

調査の要点
・撮像手段では、2020年、生物発光&蛍光イメージングシステムが、市場への貢献度が最も高かった。
・エンドユーザでは、2020年、開発業務受託機関セグメントが最高成長率。このトレンドは、予測期間でも続く見込である。
・地域では、2020年北米が最大収益シェア、一方APACは、予測期間に最高成長率が見込まれている。