All about Photonics

Business/Market 詳細

ロボット市場、2030年に1499億ドルに拡大

January, 13, 2022, Portland--Allied Market Researchのレポート「ロボット市場、アプリケーションとエンドユーザ: グローバル機会分析と業界予測、2021-2030」によると、グローバルロボット市場規模は、2020年に121億ドル、2021-2030年にCAGR 27.7%成長で2030年に1499億ドルに達する見込である。
 2020年、ヨーロッパが、収益で首位、グローバル市場で約44.4%のシェアだった。市場調査の範囲は、自動車、ヘルスケア、小売、エレクトロニクスおよび類似の他の産業で使用されるロボットの調査に制限している。

ロボット市場の主要な原動力は、商業目的自動化採用の増加である。例えば、COVID-19爆発後、殺菌処理ロボットの需要が増加した。同様に、高効率と低い運用コストにより、セキュリティ&検査、搬送ロボットが、商業市場に需要がある。これらの要因が世界中でロボット市場の成長を後押ししている。

しかし、技術はまだ開発途上であり、したがって、ロボットのコストは高く、中小企業には手の届く価格ではない。また、技術運用の実行可能性の欠如が,ロボットの効率の障害となっている。これらの要素は、ロボット世界市場の成長の妨げとなっている。

さらに、COVID-19の爆発が、世界的に流通や製造活動を止めた。これは、さらにサプライチェーンの断絶になり、ロボット市場の成長を妨げた。他方で、過去数年で殺菌ロボットなどの技術要求が著しく増加。さらに、産業は徐々に通常の製造とサービスを再開しつつある。これは、ロボット会社のフル操業につながり、2022年半ばまでには、ロボット市場の回復に寄与すると考えられてる。

加えて、ロボット需要が継続的に伸びているので、新技術への投資や効率的なロボットを導入するためのR&Dが継続的に増加している。さらに、複数のロボット展示会が開催され、ロボット技術の開発者やイノベータが参加して、市場リーダーやR&Dへの投資家から資金を調達しようとしている。そのような戦略が、ロボット市場のさらなる成長を促進する。

アプリケーションでは、市場は、自動車、小売、ヘルスケア、エレクトロニクスなどに分けられている。

地域では、2020年、ヨーロッパが市場の成長に最も貢献。予測期間でも首位を維持する見込である。また、LAMEAは、予測期間に最高CAGR 成長が見込まれている。

調査の要点
・レポートは,現在および今後のロボット世界市場のトレンドとダイナミクスを幅広く分析している。
・アプリケーションでは、2020年、セキュリティ&検査セグメントが、最大収益を生み出した。
・ユーザでは、2020年、小売セグメントが最高収益を生み出した。