All about Photonics

Business/Market 詳細

ADAS市場、2030年に749億ドル

December, 16, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ADAS市場、システム(ACC, DMS, IPA, PDS, TJA, FCW, CTA, RSR, LDW, AEB, & BSD)、コンポーネント(レーダ、LiDAR、超音波、カメラユニット)、車輌(PC, LCV, バス & トラック)、自律性レベル(L1, L2&3, L4, L5)、提供品、EV、地域、2030年までのグローバル予測」によると、世界のADAS市場規模は、2021年に272億ドル、今後CAGR 11.9%で成長し、2030年に749億ドルに達する見込である。

ADAS(運転者支援システム) &安全機能採用の増加、車輌や歩行者の安全を強化する政府の政策、先進的機能提供へのOEMsの取組、自律走行車の登場がADAS需要激増の原因である。

自動車製造は、2020年、進行中のCOVID-19パンデミックの影響で主要ヨーロッパ諸国とUSで低迷した。早期には、ADAS市場は2022年以降、急増すると見られていた。主要な安全規制が課されると説明されており、自律走行システムの導入が同時期に計画されていたからである。自動車製造は一時中断となっているので、先進的技術への新規投資は見込がない。OEMsとTier1プレイヤは、危機の間に事業を継続するために手元資金を使うか、資金を獲得するかのいずれかである。OEMsは、2021年に車両販売回復を経験しており、市場は2022年第2四半期から大きく伸びると期待されている。

ADAS市場でTPMSが最大セグメント
 タイヤ空気圧監視システム(TPMS)は、センサを使ってタイヤの空気圧を検出し圧力が低いとドライバーに警告する。2つのTPMS実装が利用可能である。直接および間接である。間接TPMSはABSセンサを使って低圧タイヤを検出する。タイヤの圧力が危険なほど低いと、その車輪の速度が他とは異なる。ECUが回転情報を分析し、低圧タイヤについてドライバーに情報を伝える。直接TPMSは、個々のタイヤに異なる圧力モニタリングセンサを使用する。これらのセンサは、分析のためのデータをECUに送る、全てのセンサが独自のシリアルナンバーを持っている。後分析でシステムがシリアルナンバーを使って低圧のタイヤを特定しダッシュボードに視覚的警告を表示する。

TPMS搭載は、US、欧州の国々、一部のAPAC諸国など全ての主要自動車市場で標準である。TPMSは初期に、ヨーロッパでは乗用車のみに義づけられたが、今ではバン、トラック、バスに2022年までに強制的に導入されることになっている。中国は、2019年から全ての新車がTPMSを標準搭載、一方、日本、ロシア、韓国、トルコは、新車の標準としてTPMSがすでに義務づけられている。TPMSセグメントのさらなる成長は、自動車製造の増加、2022以降、全ての車輌タイプでその実装に依存する。

トラックセグメントがADASのキー市場
トラックは、主要国で流通業のバックボーンである。トラックへの大きな依存が立法府を促して、より多くのADAS機能を標準化することで安全で、疲労を誘発しないような走行条件を確立させる。例えば、EUは、特にトラックやバスに脆弱な道路ユーザ検出や警告を命じている。加えて、ヨーロッパでは2022年までに、自動速度制御装置(ISA)が、トラックを含む全ての車輌で標準になる。そのような命令は、予測期間にADAS市場のトラックセグメントの成長に寄与する。

トラックは、米国ではAM GeneralやFordなどのOEMsでは、非常に人気がある主要な収益源である。これらOEMsは、より多くのコンシューマを惹きつけるために幅広い範囲のトラックを提供している。大型トラックでは、ドライバーは、長距離走行が必要になる。したがって、疲労の可能性があり、これが交通事故の原因になりうる。OEMsは、したがって、大型、中型トラックにADASアプリケーションの投入を重視し始めた。MAN、 IVECO、Mercedes-Benzなどの主要なトラックメーカーは、安全運転のためにADAS機能を提供している。BoschやContinentalは、特に商用車輌をターゲットに多様なADASソリューションを提供している。

コンシューマの間での安全意識の向上と快適運転要求が、ADAS市場でトラックセグメント成長の顕著な要因である。例えば、Ambarella Inc (US)、人工知能ビジョンシリコン会社は、Arrival(ルクセンブルク)電気自動車メーカーと提携して、Arrivalのバンやバスで自律運転やADAS機能のモジュールを開発する。走行中の安全ニーズが、現在の市場での要求である。このために、企業は隊列走行技術に取り組んでいる。これは、ヒューマンエラーによる事故を防ぐ。隊列走行により、燃料の節約、環境保護が可能になる。Volvo TrucksとFedExは、提携して、トラック隊列走行技術をテストしている。狙いは、燃料消費の削減、安全向上のための隊列走行によりトラックを連結することである。

2020年ヨーロッパがADASの最大市場
厳しい安全規制が、ヨーロッパでADAS需要を促進すると見られている。フランスは、ヨーロッパにおけるADASの最速成長市場の一つである。2018年、フランスは、欧州自動車工業会(ACEA)によると、同地域の総自動車生産の約12%を占めた。フランス政府により、複数の安全規制が実行された。例えば、2015年、同政府は、全ての新規大型トラックで緊急自動ブレーキ(AEB)と車線逸脱警告(LDW)のインストールを義務づけた。

ドイツでは、力強い経済成長により高級車の製造と販売の増加が、重要な役割を果たしている。Volkswagen や Daimler AGは、ドライビングエクスペリアンス強化のために先進的機能を組み込んでいる。これらのOEMsは、ほとんどのADAS機能を高級車に標準装備している。中級のSUVsやセダンでは、追加パッケージで基本的なADAS機能が提供されている。