All about Photonics

Business/Market 詳細

シリコン光電子増倍管市場、2026年に1億7300万ドル

December, 15, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「シリコン光電子増倍管市場、COVID-19の影響分析、提供品(NUV, RGB)、タイプ(アナログ、デジタル)、アプリケーション(LiDARと3D測距、バイオフォトニクス&医療イメージング、高エネルギー物理学)、エンドユーザ、地域、2026年までのグローバル予測」によると、市場は2021年に1億2000万ドル、今後CAGR 7.6%で成長して2026年に1億7300万ドルに達する見込である。
 市場の成長は、医療イメージングにおけるシリコン光電子増倍管需要の増加、LiDARや3Dマッピング技術でSiPMsの利用増によるものである。

デジタルシリコン光電子増倍管セグメントが予測期間に最高CAGR成長
 デジタルシリコン光電子増倍管は、簡単に商用入手できない。それらは、蛍光寿命イメージング、核物理学、4Dマッピングなど、クロストークマージング少ないニッチアプリケーションに適している。デジタル光電子増倍管は、従来の光電子増倍管やアバランシュフォトダイオードの代わりに拡散光イメージング(DOI)アプリケーションにも使用される。DOIアプリケーションは、低レベルの光を必要としているので、DOIシステムは、高ダイナミックレンジ(DR)イメージセンサを必要とする。デジタルSiPMsは、高コントラス、明確で鮮明な画像を生成する。

バイオフォトニクスと医療シメージングアプリケーションが、予測期間に最大市場シェア
 医療イメージングは、COVID-19パンデミック中にブームとなった一つの重要な機能領域。医療イメージング分析に基づいた診断は、パンデミック対処で非常に役立った。シリコン光電子増倍管は、医療機器、PETスキャナ、CTスキャナ、MRI装置などで広く利用されている。これらは、不可欠の医療イメージングアプリケーションである。その微光感度特性により、SiPMsは微光条件で優れた画像を生成する。これは、内蔵の鮮明で明確なメージング生成に役立つ。したがって、正確な診断の機会が広がる。つまり、ヘルスケア産業にはSiPMsの需要増が見込まれている。

2020年、北米がSiPMsの主要市場
 北米は、2020年、シリコン光電子増倍管で最大市場シェアを記録した。北米は、予測期間でもSiPMsの最大市場シェアを維持する見込である。この地域では、病院における最先端の医療イメージングインフラストラクチャ、自動車や航空宇宙分野でLiDAR技術が急速に普及していること、これらがSiPMs市場の成長を関与している。米国は、核物質の違法取引を防ぐために、国境で放射線検出インフラストラクチャを増やした。これが、北米におけるシリコン光増倍管需要市場の成長に勢いを与えている。