All about Photonics

Business/Market 詳細

航空イメージング市場、2027年に60億ドル

December, 8, 2021, Portland--Grand View Researchの調査によると、航空イメージング市場は、2027年には60億ドルを上回る見込である。
 
高いところから地上の画像を撮るために採用が増えていることが、航空イメージング産業成長を後押しすると見られている。ビルのインフラストラクチャ、都市計画、エネルギー&砿業探査、国土安全保障、環境変化管理の懸念が増加していることが、市場収益を改善すると予測されている。

地理空間マッピング、監視、モニタリングに固定翼機利用増
 固定翼機セグメントはも2027年までCAGR 10%を超える成長が見込まれている。同セグメントは、様々なアプリケーション領域での採用増によって後押しされている。固定翼機を利用した航空写真は、ヘリコプターと比べて手頃な価格であり、幅広い範囲をカバーする広角の高高度画像を必要とするプロジェクトには最も有用である。固定翼機は、適切な条件下での航空イメージングアプリケーションには非常に競争力が高い。

マッピング目的に垂直イメージングの利用増
 2020年、垂直イメージングセグメントが60%を超える収益シェアだった。マッピング目的では垂直写真が相対的に利点があるからである。垂直画像は、リモートセンシング、航空測量アプリケーションで利用される最も一般的な画像タイプ。航空イメージングが広範囲の土地をカバーしなければならないアプリケーション、洪水リスク評価、森林&材木評価、海岸浸食研究などでは、航空イメージングは、理想的なソリューションである。

自然災害の像が市場の成長を支持
 災害管理セグメントは、2027年まで大きな需要が見込まれている。洪水、高潮、熱帯低気圧、山火事などの自然災害の増加により、損害評価のために高度な航空イメージングソリューションが必要になる。過去40年、気候変動が世界中で自然災害数を増やしているので、効果的な災害評価策の必要性も著しく増加している。

石油&ガスファシリティで探査活動改善の必要性の高まり
 石油&ガスアプリケーションは、探査活動の必要性増加により、2021-2027年に約15%の利益増となる見込である。航空イメージングサービスプロバイダは、石油精製所&燃料蓄積タンク検査サービス、煙突検査、パイプラインモニタリング、予防保全などのサービスを提供している。これらのサービスは、同時に、デジタル画像&熱画像の収集&供給に役立つ。検査技師は、地上にいながら活動を効率的にモニタすることができる。

北米に航空イメージングベンダの強力なプレゼンス
 北米の航空イメージング市場は、2025年に約20億ドルの収益を生み出すと予測さている。同地域における航空イメージングソリューション&サービスの強力なプレゼンスと専門家が産業統計の原動力となっている。例えば、2020年12月、Aevum Inc.は、ロケット発射ドローン、RAVN-Xを打ち上げた。その新しいドローンは、パイロット、発射台なしで、小型衛星を軌道に送り出すように設計されていた。同社は、航空イメージングおよびリモートセンシングにもRAVN-Xを提供する。
(詳細は、https://www.gminsights.com/)