All about Photonics

Business/Market 詳細

GigEカメラ市場、2030年までに23億2000万ドルに拡大

November, 26, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「GigEカメラ市場、タイプ、技術、スペクトルとアプリケーション、2021-2030のグローバル機会分析と産業予測」によると、GigEカメラ市場規模は、2020年の8億7000万ドルから、2021-2030にCAGR 11.0%成長で、2030年までに23億2000万ドルに拡大する見込である。APACは、予測期間に世界市場の主要な貢献者になると見られている。

GigEは、ギガビットEthernet通信プロトコルを利用して開発されたカメラインタフェース標準。このカメラにより、低コストの標準ケーブルを使って画像を長距離、高速転送できる。GigEカメラは、可能な限り高速にRAW画像データをコンピュータに送るように設計されている。データは非圧縮、画像処理ソフトウエアは、非常に正確な分析ができる。加えて、GigEカメラは製品品質検査や工程の自動化のために工場で使える。さらに、GigEカメラは、自動車、軍&防衛、食品&パッケージング、産業、医療などを含む複数の産業で幅広く利用されている。

軍&防衛は、GigEカメラシステムの極めて重要なアプリケーションの一つ。軍&防衛は、GigEカメラを仮想的な電子の目として利用して、人による監視なしで敵陣に目を光らせる。GigEカメラの軍事映像は、カメラ、センサ、コンピュータ、ソフトウエアの高度なネットワークを必要とする。GigEカメラの期待は急速に増加。分析の精巧さに妥協する必要がない、迅速かつ正確な意思決定に利用されている。

さらに、GigE画像技術は、自動イメージング協会(AIA)監督下で完全に標準化されており、Ethernetネットワーキングの継続的な進化を活用できる。GigEビジョン標準は、様々なプロトコルを統一しているので、ハードウエア機器とソフトウエア間の相互接続性がすぐれており、その結果、低コストの標準ケーブルを使用して画像を長距離転送できる。これにより、それはマシンビジョン産業で最も普及しているインタフェースの一つになった。

GigEカメラ市場の成長に影響を与える際立つ要因は、セキュリティ&監視アプリケーションでのGigEカメラの高利用率、マシンビジョンカメラ需要の増加、軍&防衛産業でGigEカメラの利用急増。しかし、高速および高分解能機能によりCPUへの過度の負荷が市場の成長を妨げている。逆に、3Dビジョン技術採用の増加は、市場の成長に利益をもたらすと予測されている。したがって、これらの要因が、予測期間に世界のGigEカメラ産業に決定的な影響を与えると見られている。

地域的には、GigEカメラ市場トレンドは、北米、ヨーロッパ、APACおよびLAMEA(ラテンアメリカ、中東とアフリカ)で分析されている。APACが市場で優位を占めており、予測期間に急成長が見込まれている。高度なインフラストラクチャ開発と先進的技術の採用による。全般的なGigEカメラ市場分析は、より強力な足場を築くために収益性の高いトレンドを理解することで決まる。

COVID-19の分析への影響
進行中のCOVID-19パンデミックは、世界経済を急に再形成した。インフラストラクチャ開発の突然の停止が、産業分野向けGigEカメラ市場の妨げになると予測されている。カメラ市場に対するCOVID-19の影響は、オフィス機器とカメラ両方で、世界中の製造サイトでの操業停止に現れた。サプライチェーン断絶が原因で、日本を含むアジアでは、工場の稼働率低下が避けられなかった。その結果、企業は、製品供給不足という状況に直面した。

しかし、OEMsおよびGigEカメラ需要減による製造の減速が市場を破壊。コンポーネントや材料の不足が、世界のサプライチェーンに大きな影響を及ぼした。加えて、様々な資金予算の減少と計画されたプロジェクトの遅れが、世界経済を妨げた。

調査の要点
・2020年CMOSセグメントが最大収益であり、予測期間にCAGR 12.3%で成長する見込である。
・2020年、モノクロカメラセグメントが、世界のGigEカメラ市場シェアで50%を上回った。
・セキュリティ&監視セグメントが、予測期間に最高成長率となる見込。
・UKは、2020年に約26%のシェアでヨーロッパGigEカメラ市場収益で主要なシェアホールダだった。