All about Photonics

Business/Market 詳細

3D LiDARセンサ市場、2030年までに23億ドル

November, 15, 2021, Portland--Allied Market Researchのレポート「3D LiDARセンサ市場、タイプ、アプリケーション、接続性、エンドユーザ、2021-2030年のグローバル機械分析と産業予測」によると、グローバル3D LiDARセンサ市場規模は、2020年に5億1000万ドル、予測期間にCAGR14.5%成長で、2030年までに23億ドルに達する見込である。予測期間に、APACが3D LiDARセンサ市場の第1貢献者、それに北米とヨーロッパが続く。

3D LiDARセンサは、3Dマッピングシステムの重要部分をなすコンパクトな微小デバイス。デバイスは複数の角度から光を放出し、物体の形状を3Dで捉える。それは、自動車や可動アプリケーションで広く利用されている。

グローバル3D LiDARセンサ市場の成長を後押しする要因は、3D画像を捉えるこれら3D LiDARセンサの機能であり、これにより自動車、コンシューマエレクトロニクス、ヘルスケア分野などの様々な産業分野でアプリケーションを増やしており、自動車の画像センサ普及を後押ししている。加えて、農業ロボット向けの3D LiDARセンサ需要の成長が、全般的な市場の成長を押し上げている。しかし、これらセンサの高い製造コストが、世界の3D LiDARセンサ産業の主要な制約になっている。それに対して、防衛や土木分野における3D LiDARセンサアプリケーションの増加が、グローバル産業に利益を生み出すと見られている。

さらに、開発途上国は、特にヘルスケア&自動車分野で3D LiDARセンサ製品の普及率が高くなる傾向にあり、これが市場成長を促進すると予測されている。自動運転車需要の急増などの要因が、市場の成長を加速する。

グローバル3D LiDARセンサ市場は、タイプ、アプリケーション、接続性、エンドユーザ、地域に分けられている。タイプで、市場は機械およびソリッドステーに分類されている。アプリケーションでは、市場はナビゲーションデバイス、ADAS、コリダーマッピング、地震学、セキュリティ&監視、その他に分類されている。接続性では、有線とと無線に分けられている。エンドユーザベースでは市場は、コンシューマエレクトロニクス、航空宇宙&防衛、自動車、運輸、ヘルスケア、その他に分類される。

調査の要点
・運輸分野が主要アプリケーションと予測されている、自動車がこれに続く。
・APACと北米が合計で、2020年3D LiDARセンサ市場シェアの65%を超えた。
・インドは、予測期間に最高成長率が見込まれている。
・USは、北米3D LiDARセンサ市場で主要なシェアホールダであり、2020年のシェアは約68%。
・アプリケーションでは、2020年、コリダーマッピングセグメントが、最高収益を生み出した。しかし、近い将来、ADASセグメントが最高成長率となる見込である。
・地域的には、3D LiDARセンサ市場は、北米が優位を占めた。しかし、今後はAPACが大きく成長する見込である。