All about Photonics

Business/Market 詳細

ジェスチャー認識&タッチレスセンシング市場、2026年に376億ドル

November, 5, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ジェスチャー認識およびタッチレスセンシング市場、COVID-19の影響分析、技術(タッチベース、タッチレス)、タイプ、製品(タッチレスバイオメトリック装置、タッチレス衛生設備)、産業と地域、2026年までのグローバル予測」によると、市場は2021年の136億ドルから、2021-2026にCAGR 22.6%成長で、 2026年に376億ドルに達する見込である。
 北米が、ジェスチャ認識とタッチレスセンシングの最大市場シェア。一方、APACは最高成長率で、予測期間に最高CAGRで成長する見込である。これは、中国、日本、韓国、インドなどの有望市場で、技術と顧客ニーズ面が急速に変化しているためである。技術の進歩と新規ビジネスモデルや同地域の発展途上都市における新しいインフラストラクチャ開発により、ジェスチャ認識やタッチレスセンシング市場が上昇機運になっている。衛生認識やセキュリティ基準の進歩が、APACでジェスチャ認識やタッチレスセンシングの採用をさらに促進する。さらに、エンドユース分野の成長、政府系団体からの投資増が、同地域におけるジェスチャ認識やタッチレスセンシング市場の成長に有利に働いている。

技術的には、タッチレス技術セグメントが、最高成長率
タッチレス技術は、インテリジェントアルゴリズムを使用し、言語とワイヤレス信号を組み合わせて、人のジェスチャ、センシングを分析、判定、統合する。ジェスチャ認識は、マシンラーニング技術の助けを借りて達成される。タッチレス技術は、ユーザの位置、見通し外の状態など、一定の客観的な要素の影響を受ける。タッチレスユーザインタフェース(TUI)は、ジェスチャ制御に関する新しいタイプの技術。TUIは、キーボード、マウス、スクリーンに触れることなく、身体の動きやジェスチャを通してコンピュータに命令するプロセス。車輌のタッチレスジェスチャ認識は、運転中の安全を改善する。ドライバーが、メニューによるナビゲーティングに使う時間が少なければ少ないほど、道路に集中する時間がますます多くなる。予測期間に、技術では、タッチレス技術市場は、ジェスチャ認識とタッチレスセンシング市場で優位を占めると予測されている。コンシューマエレクトロニクス産業は、タッチベースジェスチャ認識技術を多く採用している。これは、ローコスト、OEMsによる利用が増加しているためである。タッチベース技術は、ゲーミングや自動車アプリケーションでも多く利用されている。タッチベースのジェスチャ認識に、人とマシーンの相互作用技術が出てきているためである。

タッチレスデバイスの予測期間における高成長率は、タッチレスデバイス利用中のユーザエクスペリアンス増強によるものである。

予測期間に、ジェスチャ認識市場でオンラインタイプのシェアが拡大
 オンラインジェスチャ認識は、有形物をスケールし、回転させ、リアルタイムで機械やコンピュータを制御するために使用される。直接操作ジェスチャと言われるものでは、ユーザは対象と相互作用し、それに対して実行されたように見える変化を与える。オンラインジェスチャは、スケーリングや回転など、直接操作と見なされている。対照的に、オフラインジェスチャは、相互作用が完了した後に処理されるのが一般的である。例えば、円を描いてコンテクストメニューを活性化する。オフラインジェスチャ認識は、オンラインジェスチャ認識よりも比較的新しい技術。そのため、オフラインジェスチャの認識率は、オンラインジェスチャの認識よりも低い。

APACにおけるジェスチャー認識とタッチレスセンシング市場は、予測期間に最高CAGR
APACにおけるジェスチャー認識およびタッチレスセンシング市場は、中国、日本、韓国、インド、その他のAPAC(オーストラリア、シンガポール、マレーシア、タイ)で構成される。APACは、予測期間における最速成長市場と見られている。APACの発展途上国も、急成長の可能性があり、製品メーカーにとっては有利な環境である。