All about Photonics

Business/Market 詳細

スマート農業市場、2026年に208億ドル

October, 26, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「スマート農業市場、提供品によるCOVID-19の影響分析、農業タイプ(精密農法、家畜モニタリング、精密農業、精密林業、スマートグリーンハウス)、アプリケーション、農場規模、地域、2026年までのグローバル予測」によると、スマート農業市場は、2021年に129億ドル、予測期間にCAGR 10.1%成長で2026年に208億ドルに達する見込である。
 2020年、スマート農業市場は、COVID-19の拡大により落ち込んだ。感染爆発が、スマート農業市場のサプライチェーンに悪影響を及ぼした。有名なプレイヤーの一部は、中国とUSを拠点にしており、これらの国々が2020年上半期にパンデミックの影響が最悪だった国々である。市場は、2021年上半期にU字回復が見込まれている。精密農法、精密家畜、精密養殖など、様々なアプリケーションで装置やオートメーション製品の需要が増加しているためである。

予測期間にAIとデータ分析が、精密農法ソフトウエア市場で最高CAGR
 AIとデータ分析が農民の間で好評を博している。AIの助けを借りて、農民は、天候状態、温度、水利用、土壌状態などを分析することができる。精密農業は、AIを使って植物の害虫を、植物の栄養状態を検出する。AIは、農業の正確さと生産性改善のための季節予報モデル作成に役立つ。世界的に技術の浸透が進むにつれて、スマート農業市場におけるAIの需要は増加している。

予測期間に給餌管理が精密養殖市場をリードする見込
 モニタリング、コントロール、監視の成長に寄与する要因により、自動養殖場モニタリングデバイス導入が増加している。IoTベースモニタリング機器、水中ROVs、スマートカメラシステムなどである。また、養殖農家は、養殖の生産性と効率改善を確実にするために効果的な養殖管理を重視し始めている。

予測期間にAPACでは中国がスマート農業市場の最大シェア
 中国は、予測期間にAPACのスマート農業市場で最大シェアを獲得する見込である。中国におけるスマート農業市場も、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。増え続ける最新の農業機械需要、新技術の採用増が、中国におけるスマート農業市場の高成長の背後にある主因である。