All about Photonics

Business/Market 詳細

2030年、世界で50万を超える移動ロボットがウエアハウスに出荷される

October, 6, 2021, New York--ABI Researchによると、世界のウエアハウス(倉庫)移動ロボット出荷は、2021-2030年にCAGR 40%で成長し、2030年には世界的出荷は50万を超える。

「生産性技術は、他の技術と正しく組み合わせると、遙かに大きなROIを達成できる。例えば、位置追跡データと音声ソリューションを組み合わせることで倉庫管理システム(WES)プラットフォームを利用する倉庫は、ワーカーがいる場所に基づいて移動距離を最小化することでワークフローを最適化できる」とABI Researchのサプライチェーン管理と流通業界アナリスト、Adhish Luitelは指摘する。

モバイルロボットだけでなく、自動蓄積/回収システム(AS/RS)なとのソリューションの成長が爆発的になっている。Swisslog, Bastian Solutions, and Körberなどのイノベータをリーダーとして、世界のAS/RS産業は、2030年までに180億ドルを超えると見込まれており、2021-2030年の年毎の成長率は9%である。AS/RSは、積荷の自動設置、所定の保管場所からの回収のための様々なコンピュータ制御システムで構成され、保管場所から大量の荷の出し入れに理想的である。このトレンドは、流通分野が過去に大量の物流を経験したことと一致する。2020年、小荷物出荷は、世界的数量が950億に達した。この量は、2020-2026年にCAGR 14%成長で、2026年までに2倍になると予測されている。

「繁忙な倉庫でロボットへの移行が起こるにつれて、手作業が自動化される。あるいは、従来の特殊な、柔軟性のない機械で実行されていた作業は、いずれ、必要に応じて動かせ、再訓練できるロボットで実行されるようになる」とLuitelは結論づけている。