All about Photonics

Business/Market 詳細

倉庫導入ロボットの収益、2030年に510億ドルラインを超える

August, 26, 2021, New York--ABI Researchによると、商品保管所における世界の商用ロボット収益は、2021-2030年にCAGR 23%で成長し、2030年には510億ドルを超える見込である。

ABI Research産業アナリスト、Adhish Luitelは、「可動ロボットは、倉庫業ロボット市場の中核にあり、ほとんどの出荷と収益を占めている。これらのロボットは、無人搬送車(AGVs)と自律走行搬送ロボット (AMR)からなり、倉庫内の商品の移動に使われている。また、広範な自動作業または手作業に組み込まれている」と説明している。

倉庫分野は、商業的には、ロボットは早期調査段階から成熟市場に移行した。ここでは、早期導入者が、完全機能技術ソリューションのライブ実装から恩恵を受けている。市場の成熟が進む兆候として、Advantech、Brochesia、Kontakt.io、および RightHand Roboticsが現在、魅力的な製品とソリューションを提供している。ソフトウエアベンダやシステムインテグレータの周辺エコシステムも成熟しつつある。商業的差別化には、ソフトウエアとインテグレーション機能がますます重要な要素になっているからである。ABI Researchは、Penske、A. Duie Pyle、Amazon、およびJD.comなど有力オペレータの達成度や倉庫保管プロセスを評価し、ソリューション導入の有効性、あり得る摩擦点を診断した。これらの企業は、短い倉庫循環、改善された在庫の正確さなど強化された主要業績評価指標の恩恵を刈り取っている。これらは、日々の作業で様々な自動化、ビジョンベースソリューション導入が成功したたためである。

「ロボットに加えて倉庫運用は、所望の結果を達成するために、ワークフロー遂行で複数のソリューションの価値統合を追求すべきである。オペレータが生産性を超えて、技術が労働者の満足度と安全、快適性、エネルギー消費、移動距離、誤り率にどのように影響するかを判断する必要がある」とLuitelは説明している。

例えば、ARベンダ、Picaviなどの「ビジョンによる選択」ソリューションは、トレーニングタイムはわずか15分で、効率は30%向上する、トレーニング時間の節約は最大60%。さらに、Alert Innovationの注文の記録や自動注文販売ソリューションは、食料品店のROI向上に役立ち、従来の自動ピッキングシステムに対して、50%強化される。

「われわれは、サプライチェーンのプロセスに影響を与えるインテリジェントオートメーションソリューションも期待できる。将来、オペレータは、Robotic Process Automation (RPA)やモバイル倉庫保管などのソリューションに進むと考えられる」とLuitelは結論づけている。
(詳細は、https://www.abiresearch.com/)