All about Photonics

Business/Market 詳細

自動車ジェスチャ認識システム市場、2030年に43億5000万ドル

August, 18, 2021, Singapore--Allied Market Researchの調査「自動車ジェスチャ認識システム市場、コンポーネント、認証タイプ、アプリケーション、2021-2030年のグローバル機会分析と産業予測」によると、2019年の市場規模は、9億9000万ドル、2021-2030年にCAGR 18.4%で成長して、2030年に43億5000万ドルに達する見込みである。

収益に関してヨーロッパが市場で優位を占め、これに北米、APAC、LAMEAと続いている。2020年、USは、世界の自動車ジェスチャ認識システム市場シェアで優位を占めた。また、予測期間に高率の成長が見込まれている。これは、自動車のコンシューマが安全志向に変わり、電気および自律走行車の採用が増加するからである。

ヨーロッパは、世界の自動車ジェスチャ認識システム市場で優位を占めており、米国は予測期間に主要コンシューマとなる。今後数年、ドイツ、米国,インドが、世界市場で新たに成長する。これらの国々の自動車製造時に、自動車ジェスチャ認識などハイエンド技術の採用の見通しと成長が変わるからである。世界の自動車ジェスチャ認識システム市場は、世界市場で限られた数のプレイヤが大半の市場シェアを持つ、かなり統合された市場である。市場参加者の大半は、戦略的に提携、製品発表、拡大、製品開発活動に関わっている。

調査の要点
・コンポーネントでは、タッチレスシステムセグメントが予測期間に大きく成長。
・認証タイプベースでは、手/指 プリント/脚認識セグメントが、予測期間末までには市場シェアに関して世界市場をリードする見込である。
・アプリケーションでは、マルチメディア/インフォテーメント/ナビゲーションセグメントが、予測期間末までには市場成長率に関して世界市場をリードする見込である。
・ヨーロッパは、2020年市場シェアに関して、世界の自動車ジェスチャ認識システム市場で優位を占めた。
(詳細は、https://www.alliedmarketresearch.com/)