All about Photonics

Business/Market 詳細

AIインコンピュータビジョン市場、2026年に513億ドル

June, 17, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「「AI in Computer Vision市場、COVID-19の影響、コンポーネント、マシンラーニングモデル、機能、アプリケーション(産業、非産業)、エンドユース産業(セキュリティ&監視、コンシューマエレクトロニクス)、地域、2026年までのグローバル予測」によると、市場は2021年に159億ドル、予測期間(2021-2026)にCAGR 26.3%成長で、2026年に513億ドルに達する見込である。
 AIインコンピュータビジョン市場の成長を後押しする主因は、以下のものがある。品質検査とオートメーション要求の増加、非従来型および新興アプリケーションでコンピュータビジョンシステム需要の増加、ASICsニーズの増加、産業オートメーションをサポートする政府の政策、エッジデバイスへのAI組込などしかし、クラウドベース画像処理や分析に関連するセキュリティ上の懸念などが、予測期間に市場では主要な課題となる。

ソフトウエアが予測期間に最高CAGR成長
ソフトウエアは、予測期間に大きなシェア、高いCAGR成長が見込まれている。一連のコンピュータビジョンソフトウエアと組み合わせたソフトウエアツールにより、カメラ、製造ラインとのインタフェースが可能になり、自動的に画像改善、位置解析、欠陥検出、文字検証、文字認識、記号認識、および他の機能が実行できる。

予測期間にAIインコンピュータビジョン市場では非産業が最大シェア
非産業市場では、特にコンシューマセグメントで、前面と背面の両方でカメラ機能装備スマートフォン向け需要増がAIインコンピュータビジョン向け市場の成長を後押しする。しかし、産業セグメントで新技術が複数の交通状況システムを支援するので高い成長率が予測されている。これに含まれるのは、通行料金徴収、交通の流れのモニタリング、違反の特定。3Dマシンビジョンも非産業アプリケーションにおける成長可能性は大きい。セキュリティや監視、郵便および流通、インテリジェント交通システム(ITS)。こうした箇所では、画像品質、寸法、方向が重要な役割を担う。最新技術は、通行料金徴収システムや交通モニタリングシステムを含め、複数の輸送システムを強化する。

今後数年で教師あり学習が最高成長
2026年まで教師あり学習は、AIインコピュータビジョン市場全般で~84%のシェアとなる見込である。様々なヘルスケアアプリケーション、特に医療イメージングで教師あり学習の採用が伸びており、また最新の顔認証アルゴリズムにおける多様なセンサやデバイスの利用が、このセグメントの成長を補完する。学習モデルは現在、様々なAI製品やサービスの開発のために実装が進んでいる。これらのモデルの最近のアプリケーションの中には、自律走行車/コネクティッドカー、バーチャルアシスタント(Apple’s Siri、Microsoft’s Cortana、およびGoogle’s Google Now)、エクスパートシステム、ドローン、コンピュータ支援診断、ビデオゲーム、画像認識システムがある。

2026年、最大シェアはコンシューマエレクトロニクス
スマートフォン、デスクトップ、ラップトップなどコンシューマエレクトロニクスにおけるAI活用コンピュータビジョンシステム需要が増加しており、これがAIインコンピュータビジョン市場の成長を後押ししている。しかし、ヘルスケアが予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。AI利用可能なコンピュータビジョン技術が-放射線学、医療イメージングなどのアプリケーションで重要な役割を担っている。これとは別に、自律走行車を開発するために様々な自動車およびIT大手企業が、自動車産業でAIインコンピュータビジョン市場の成長原動力となっている。セキュリティ&監視産業では、AI活用コンピュータビジョンシステムが、脅威と人の特定で利用が増加している。したがって、この業界におけるAI活用コンピュータビジョンソリューションの採用を後押ししている。さらに、マシンビジョン技術、スマートカメラやオートメーションなどにおける進歩が、製造業におけるAIインコンピュータビジョン市場の裾野を広げた。これは、2026年までに2番目に高いCAGR成長となる見込である。

APACが最高CAGR成長に貢献
APACは、AIインコンピュータビジョン市場で最高CAGR成長が予測されている。中国、日本、韓国などの諸国がAPAC市場における主要な成長因である。増え続ける製造作業が、主に中国の経済発展の一因であるが、インドにおける多様なアプリケーションでオートメーション促進のためにIndustry 4.0および先進的製造技術の組込要求の高まりが、APACにおけるAIインコンピュータビジョンの著しい成長の原因である。北米は、2021年、世界のAIインコンピュータビジョン市場の~40%の最大シェアを維持する見込である。有名なAI技術パートナー、IBM(US)、Google(US)、Microsoft(US)、NVIDIA(US)、Intel(US)、Facebook(US)の存在が、この地域市場の成長を補完している。重要なインフラストラクチャや極秘データに関するセキュリティ懸念が、近年政府の関与を増やしており、セキュリティアプリケーションにおけるAIインコンピュータビジョンが採用されるようになっている。2021年、ヨーロッパは、AIインコンピュータビジョン市場の~29%のシェアを維持する見込である。ドイツとUKが、この地域におけるAIインコンピュータビジョン市場の主要な貢献者。UKの自動車産業は、AIインコンピュータビジョン市場の成長の一因である。