All about Photonics

Business/Market 詳細

拡大が続く材料ハンドリング自律可動ロボット市場

June, 3, 2021, London--材料ハンドリング作業を行う自律モバイルロボット(AMR)市場は、過去数年に著しく拡大した。2016年の2億2300万ドルから2020年には8億ドルに拡大した。
 ABI Researchは、最も有望なハンドリングロボットベンダの10社について詳細なプロファイルを発表している。Teradyne, Fetch, Bluebotics, Seegrid, Gideon Brothers, Agilox, Baylo, IAM Robotics, Vecna Robotics, および Forward X.である。ランキング基準は、これらの企業の革新性、これを大量導入に向け、パートナーシップを形成する能力の両方を含んでいる。ペストパフォーマンスの企業は、以下の通りである。
Market Leaders: Teradyne, Fetch, BlueBotics

Top Implementers: Teradyne, Fetch, BlueBotics

Top Innovators: IAM Robotics, AGILOX, Seegrid, Gideon Brothers, Vecna Robotics, Fetch Robotics

Teledyneは、同社の産業オートメーション事業を通じてその分野のリーダーとなっている。AMR開発社Mobile Industrial Robots (MiR) および先進的ヘビーAGV開発社Auto-Guideを買収し、5000を超えるAMRsを導入している。 Fetch Roboticsもそれほど後れをとってはいない。同社は、NVIDIAのGPUと高度なセンサ構成を装備した最先端のプロセッサを利用した適応性の高いクラウドベースソリューションを開発した。ヨーロッパ市場を代表するBlueboticsは、2500を超えるロボットを導入しており、トヨタなどのOEMsの車輌を自動化する技術パートナーとして活動している。

「これらの企業は全て、独自のソリューションを明示しており、AMRsのイノベーションでは優れている。わずか5年前からの品質の変化は目覚ましい」とABI ResearchのIndustrial, Collaborative & Commercial Robots シニアアナリスト、Rian Whittonは説明している。

自律マテリアルハンドリング市場は、10年に及ぶ力強い成長の準備ができている。収益は、2020年の74億ドルから、2030年には850億ドルに成長する見込である。AMRsでは、成長は、さらに著しい。2020年、マテリアルハンドリング向けAMR市場は世界規模で8億ドルであるが、2030年には、より広範なオートメーション市場の非常に大きな部分を構成して、490億ドルとなる見込である。「COVID-19パンデミックが、サプライチェーンに新たな需要を生み出した。回復は、過度な資本投資となり、これらの企業にとっては2021年は素晴らしくなりそうだ」とWhittonは言う。「市場は、競合との提携で独自のロボットを開発している大手メーカーによってさらに検証されている。あるいは、BMWやIdealworksの場合のように独自のロボットベンダを構築する」。

市場が発展するので企業の中には、先行して、現在、非常に細分化されているその分野に君臨し始めているところもある。企業が前進するにつれて、バリューチェーンを上ろうとする。一方で、小規模ベンダが合体するように強力なプラットフォームを作る。「徐々に、これは、効率の向上となり、マテリアルハンドリング向けにロボットを導入する上での課題が少なくなっていく」とWhittonは結論づけている。

(詳細は、https://www.abiresearch.com/)