All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートファクトリー市場、2026年に1349億ドル

May, 21, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「スマートファクトリー市場、COVID-19の影響、コンポーネント(産業用センサ、産業ロボット、産業用3Dプリンタ、マシンビジョンシステム)、ソリューション(SCADA, PAM, MES, Industrial Safety)、産業、地域、2026年までのグローバル予測」によると、スマートファクトリー市場規模は、2021年の801億ドルから2021-2026年にCAGR 11.0%成長で、2026年に1349億ドルに達する見込である。
 市場の成長を後押しする主因は、COVID-19危機の中で製造工場が破産しないようにする財政政策、リソースの最適化、製造運用におけるコスト削減、産業ロボット需要の増加、産業環境におけるIoTや人工知能などの技術に対する需要増、エネルギー効率重視など。

産業センサセグメントが2020年スマートファクトリー市場のコンポーネント全体で最大市場規模
 産業用センサセグメントは、スマートファクトリー市場で最大シェアを維持する見込である。産業センサセグメントの成長は、Industry 4.0およびIIoTの採用増、伸び続けるワイヤレスセンサ市場によるものである。今後数年の産業センサ市場で予測保守がプレイヤにとって利益の上がるチャンスになる見込である。予測保守は、従来の保守スケジュールに対して3つの主要ソリューション機能強化で実現される。センサデータ取得、データ通信の容易化、それに予測。センサは、予測保守ソリューションの重要部分であるので、産業用センサ需要は、今後数年で大きく伸びると見られている。

2021-2026年にPAMソリューションが最高成長率
PAMセグメントは、予測期間に最高CAGR成長が見込まれている。このセグメントの成長は、プロセスおよび個別産業でPAMソリューションの導入増によるものであ。目的は、工場に導入されている様々な装置と関連した包括的なデータリポジトリを構築すること。これは稼働時間パフォーマンスから、そのライフサイクルコスト評価までである。

2021-2026年、食品&飲料加工産業が最高成長率
スマートファクトリーソリューションプロバイダは、食品&飲料メーカーが製造する製品の品質と量を増強するソリューションを開発しようとしている。高品質基準は、食品&飲料製造分野にとっては重要である。食品や飲料品の加工、パッケージング、流通に関わる企業を含む。食品&飲料産業で利用される自動化技術は、設計の柔軟性、革新的で統合された安全ソリューション、装置の可動を制御する先進的ソフトウエアツールを提供する。食品メーカーは、従来の製造工場を最先端の工場に変革するために巨額投資を行っている。したがって、スマートファクトリ技術と先進的製造装置の採用が、この産業で著しく増加する。

自動車産業が2020年、個別産業市場全体で最大市場規模
自動車セグメントは、予測期間に、個別産業で、スマートファクトリー市場の最大シェアを維持すると予測されている、自動車製造技術の進歩と主要自動車メーカーによるスマートファクトリソリューションへの投資増が、自動車産業では特にスマートファクトリ市場の成長を促進すると見られている。

APACが予測期間に最高CAGRで成長
様々な産業のほとんどの重要メーカーがAPACに製造工場を移転している。同地域で低い労賃と熟練労働力が得られるからである。プロセスと個別産業における自動化数の増加が、APACにおけるスマートファクトリ市場の成長を後押しする主因の一つ。加えて、中国、日本、韓国、インドなどの国々が同地域のスマートファクトリ市場の成長に貢献している。これらの国々は、大きな市場規模を持ち、APACにおけるスマートファクトリー市場の発展に広い展望を持っている。