All about Photonics

Business/Market 詳細

AIチップセット実装スマートシティカメラ,2025年に3億5000万超

April, 14, 2021, London--ABI Researchの調査によると、AIチップセット実装スマートカメラの世界的インストールベースは、2025年に3億5000万を超える見込である。
 スマートシティのセキュリティカメラがAIチップセットを実装するのは、標準になり、2025年には、少なくとも1個のAIチップセット実装カメラの出荷が65%を超える見込である。これらのカメラの特徴は、ディープラーニング(DL)モデルであり、インテリジェント交通管理、自律アセット、歩行者の流れのモニタリングと管理、物理的および境界セキュリティ、予防的脅威検出などのアプリケーションで自動化および決定を強化する。

「世界中で、ますます多くの都市や郡政府がAI利用に積極的に眼を向けている。エッジAIチップセット実装スマートカメラ普及のブームとなっている」とABIリサーチAI&マシンラーニング主席アナリスト、Lian Jye Suは話している。低遅延の他に、データ機密性懸念もエッジでAI採用を促進している。クラウドに送られることなく情報が処理できるからである。Ambarella, HiSilicon, Intel, NVIDIA, Qualcomm, および Xilinxは、スマートシティ領域で主要なAIチップセットのサプライヤの一部。常時接続マシンビジョンを提供するTinyMLベンダが、バッテリ駆動カメラ、LiDAR、その他のセンサで常時接続マシンビジョンを可能にする際に重要な役割を果たすと見られている。

現在、これらのワークロードのほとんどは、クラウドでホストされ、SenseTime, Ipsotek, icentana, and Sentry AIなどの分析ベンダが提供するDLモデルか、HikVision and DahuaなどのスマートカメラおよびネットワークビデオレコーダのDL推定で実行されている。両導入法とも、それ独自の強み、弱みがある。2つの技術トレンドは、DLベースマシンビジョンの導入にさらなる触媒作用を及ぼしそうである。「最初はエッジコンピューティングである。レガシーカメラよりも何倍も高価なスマートカメラに特別なDLモデルを導入するよりも、都市および郡政府は、ゲートウエイやオンプレミスサーバでDLモデルをホストできる。これにより、データはエッジで処理され、蓄積され、クラウドインフラストラクチャに頼るよりも高速応答時間となる。第2は、5Gである。ネットワークスライシングは、2023年までは商用化準備とならないので、5Gのネットワークスライシング機能により、サービスプロバイダは専用のネットワークリソースを提供し、マイクロサービス、シックスナイン(99.9999=ほぼ100%)信頼性サービス保証、シームレスなデバイス接続、スマートシティにおけるDLベースマシンビジョンをサポートするためのオンボーディングをホストする」とSuは説明している。「エッジコンピューティングへの移行は、新しい市場機会を開く。特にAIチップセットスタートアップである。これらは、ゲートウエイでの処理と標準サーバに重点を置いている。Blaize, Hailo, and Kneronなどの企業である」。

とは言え、大きな逆風もある。大衆の信頼、パブリックカメラへのAI採用に関連する規制は、実装が直面する大きな困難である。

(詳細は、https://www.abiresearch.com/)