All about Photonics

Business/Market 詳細

フローイメージング顕微鏡/動的画像分析市場、2025年に4500万ドル

February, 2, 2021, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「フローイメージング顕微鏡/動的画像解析市場、タイプ(小バイオ分子、ナノファイバ、粘稠液)、分散(湿式/乾燥分散)、エンドユーザ(製薬 バイオテック Cos、CROs、CMOs、F&B、石油化学薬品、水質試験)、2025年までのグローバル予測」によると、市場は2020年に3200万ドル、予測期間にCAGR 7.4%成長で、2025年には4500万ドルに足する見込である。
 ナノテクノロジー分野のR&D投資増加、製薬への投資増、産業全体で厳しい規制ガイドラインが市場の成長を後押ししている。さらに、新興国で急成長する製薬産業が、この市場の成長を牽引する他の要素の一部になっている。

2019年、技術では大生体分子セグメントがフローイメージング顕微鏡市場で最大シェア
 サンプルタイプでは、市場は大生体分子、小生体分子、マイクロファイバ&ナノファイバ、液体&粘性サンプルとその他のサンプルに分けられる。大生体不分子セグメントが、2019年のフローイメージング顕微鏡市場の最大シェアだった。これは、最終製品の安全性と効率維持のために、生物製剤で顕微鏡でなければ見えない粒子を分析する規制上の推奨事項が増えているためである。

予測期間にウエット分散が最速成長セグメント
 サンプル分散ベースでは、イメージング市場は、2つの主要タイプ、ウエットとドライに分けられている。増え続けるナノ粒子アプリケーション、新薬開発に向けて製薬&バイオテクノロジーにおけるR&D活動の増加が、ウエット分散市場セグメントの高成長率の原因。

2019年、北米がフローイメージング顕微鏡市場で最大シェア
 フローイメージング顕微鏡市場は5地域に分けられている。北米、ヨーロッパ、APAC、ラテンアメリカ、中東&アフリカ。北米地域が、2019年、フローイメージング顕微鏡市場の最大シェアだった。北米には、大きな顧客基盤が存在する。ナノテクノロジー開発のための多額の資金、医薬品向けのフローイメージング顕微鏡に対する厳しい産業規制などが、市場成長を促進する主因の一部である。