All about Photonics

Business/Market 詳細

次世代ボルボ、Luminar LiDAR技術を採用

Luminar_Roofline_Integration_Volvo_SPA2

May, 22, 2020, Gothenburg--Volvo Carsは、Luminarと提携することで新しい安全と技術基準を設定し、ボルボの次世代自動車に業界をリードするLiDARと検知技術を導入する。

この提携により、Volvo初のハイウエイでの完全自動運転技術が可能になり、将来のアクティブ安全開発に道を開く。

Volvo Carsの次世代SPA 2モジュラー車両アーキテクチャは、Luminus LiDARをルーフにシームレスに組み込むことで、2022年の製造開始から自動運転のハードウエアレディとして利用できるようになる。

SPA 2ベースの自動車は、顧客が選択すれば無線でソフトウエアのアップグレードがされ、完全な自動ハイウエイドライブを可能にするHighway Pilot機能は、個々の地理的位置と条件で安全が立証されるとすぐに活性化される。

「自律走行は、責任をもって安全に導入されると、史上で最も安全な技術の一つになる可能性がある。われわれの未来の自動車に安全な決定を下すために必要なビジョンを装備することは、その方向で重要な一歩である」とVolvo CarsのCTO、Henrik Greenはコメントしている。

Highway Pilot機能に加えて、Volvo CarsとLuminarは、LiDARの役割を将来のADAS改善でも探求している。すべての将来のSPA2ベースの自動車がLiDARセンサを標準装備することになる。

Luminarの技術は、同社の高性能LiDARセンサをベースにしている。これは数100万のレーザパルスを放出して対象物がどこに存在するかを正確に検出する。これには、環境を3Dスキャニングし、インターネット接続なしで、一時的なリアルタイムマップを形成する。

LiDARは、自律モードでナビゲートする自動車実現の決め手になる。自動車は、これによりカメラやレーダーだけでは得られない信頼度の高い視覚と感覚を持つことができる。LiDARは、複雑な環境で安全な決断を高速に下すための理想的な基盤である。

Highway Pilot機能を可能にするためにLuminarの知覚技術は、Zenuityの自律運転ソフトウエア、カメラ、レーダー、バックアップシステムの機能と統合される。バックアップシステムの機能は、自動運転向けに今度のVolvo車両にインストールされるステアリング、ブレーキング、バッテリパワーなど。全体としてこれが、安全で完全自動運転機能を利用したいボルボのユーザにハイウエイで利用できるようになる。

「間もなく、Volvo車は、自動車が安全であると判断する時、ハイウエイで自律運転できるようになる。その時点で、運転の責任はVolvo車にあり、ドライバーはリラックスして、道路から目を離し、ハンドルから手を放すことができる。徐々に、自動車が自動運転できるエリアは無線で拡大され、われわれにとって自律の安全導入が順次実用になる」とHenrik Greenはコメントしている。