All about Photonics

Business/Market 詳細

アクセス制御、装着式ビデオ、監視カメラが生体認証市場成長に貢献

January, 29, 2020, London--ABI Researchによると、政府の設定に常に存在する公衆の安全に対する多角的脅威、よりインテリジェントで安全なスマートホーム、労務管理システムにおける精彩を欠いたユーザ認証オプションが、2024年までにバイオメトリックハードウエア販売額を190億ドルに押し上げる。アクセス制御、装着式カメラ(BWC)、監視カメラが、現在から2024年までの間にバイオメトリック市場で最も成長すると予測されている。

治安、警察、対テロリスト政府の任務は監視カメラの出荷を大幅に増やし、2024年には1憶3500万台に達する見込みである。ボディカムやグラスカムを含む装着式カメラ(BWC)は、世界中で主に新しいバイオメトリック、ビデオ監視法執行戦略に左右され、同年に160万台の出荷で、大きな成長が予想されている。バイオメトリックロックは、不正確な照合アルゴリズムのために、過去において、大きな問題に直面したが、APACからの最近の需要により、その技術は、2024年には2400万を超えるバイオメトリック出荷で遅れを取り戻す。

「政府、一般市民、警察、および境界市場が、近い将来バイオメトリック収益で最大シェアを生み出す。これは、ID/認証、BWCs、監視カメラを含む多様な幅広いデバイスによるものである」とABIリサーチ、産業アナリスト、Dimitrios Pavlakisはコメントしている。企業、銀行および金融機関、コンシューマ、ヘルスケア市場の収益がこれに続く。それぞれの業種でバイオメトリック提供品を形作る各々が固有の特性と従属物を持っている。「指紋デバイスは、従来から、ほとんどの市場で実装で優位を占めており、概ね、そのトレンドは続くが、技術の進化とセキュリティ要求が、興味深い特例を生み出した」とPavlakisは言う。この特例には、企業の移動性のための連続的顔認識、生体識別ロック、スマートホームセキュリティや占有者モニタリングのための屋内/屋外監視カメラが含まれる。虹彩ベース認証は、非接触アクセス制御が求められるところで利用されている、あるいはユーザの特性が、衣服や器具(例えば、ヘルスケア、製造)で部分的に隠されているようなところである。

Gemalto Cogent、DermalogおよびSecugenなど革新的ハードウエアベンダは、より先進的なバイオメトリックソリューションの開発に投資している。対象としているのは、政府、一般市民、警察である。富士通は、銀行や金融アプリケーションに重点を置いて、静脈、指静脈認証リーダーの開発で引き続き市場をリードしている。
(詳細は、https://www.abiresearch.com/)