All about Photonics

Business/Market 詳細

飛行機内AR/VR市場、2025年国13億7000万ドル超

October, 16, 2019, Amsterdam--ASD Reportsの調査によると、飛行機内の拡張現実と仮想現実(AR/VR)市場は、2019年の7800万ドルから、2019-2025年にCAGR 61.2%で成長し、2025年には13億7200万ドルに達する見込である。飛行機内AR/VR市場の大きな成長因は、改善される乗客のエクスペリアンスである。ヒューマンエラー低減もこの市場成長の原動力である。

機能では、操作セグメントが予測期間に高CAGR成長と見られている。
 世界中で飛行機旅行需要の増加により、航空機需要、グリーンフィールドおよびブラウンフィールド飛行場プロジェクトが生じている。この伸び続ける需要に対処するためにメーカー、飛行場、エアーライン、保守、プロバイダは、コスト削減とともに運用効率を改善する効率的な手段を採用しなければならない。したがって、飛行機内のAR/VR操作セグメントが、予測期間に最高成長率が見込まれるている。

コンポーネントでは、ソフトウエアセグメントが予測期間に最高成長率
 AR/VRハードウエアは、センサ、ディスプレイ、カメラ、プロセッサ&コントローラ、ケースなどで構成されている。これらは、エンドユーザからの一回限りの購入である。それに対して、ハードウエアをサポートするソフトウエアは絶えずアップデートされる。ソフトウエアは、時間の経過とともに何度も進化し、ハードウエアに組み込む必要のある機能は多くなる。したがって、飛行機AR/VRソフトウエアセグメントは、予測期間に最高率成長が見込まれている。

予測期間に北米が飛行機AR/VR市場をリードする見込である。
 北米は、2019年、飛行機AR/VR市場で最大シェアを占めたと推定されている。USは、2018年、最大の軍事支出国であり、その投資の大きな部分が様々な軍用機調達に向けられていた。これら軍用機は、ヘッドセットを使い、パイロットがミッションに関連する飛行情報を直接ヘッドセットで入手できるようにしている。

これとともに、商用機需要も絶えず増加している。そのため、飛行機メーカーは、その製品ラインを拡張しており、その操作で大きな効率要求が生じている。したがって、これは、順に飛行機AR/VR北米市場拡大を後押しすると見られている。
(詳細は、https://www.asdreports.com/)