All about Photonics

Business/Market 詳細

コンピュータ支援写真撮影市場、2024年に290億ドル

October, 11, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「コンピュータ支援写真市場、提供品(カメラモジュール、ソフトウエア)、タイプ(シングル、デュアルレンズ、16レンズ)、製品(スマートフォンカメラ、スタンドアロンカメラ、マシンビジョンカメラ)、アプリケーション(3Dイメージング、AR、VR、MR)、地域ごとの2024年までのグローバル予測」によると、市場は2019年に107億ドル、予測期間にCAGR 22.0%成長で、2024年には290億ドルに達する見込である。

コンピュータ支援向けカメラモジュール、2019年に最大市場シェア
 カメラモジュールの市場成長は、AIベースの先進的カメラの利用、単一製品でカメラアレイ需要の伸びによるものである。各コンピュータ支援カメラのハードウエアとソフトウエアは一般に、特殊タイプの画像を生成するように設計されている。撮った画像は光学的に符号化される。コンピュータモジュールにはオプティクスモデルがあり、それにより撮った画像をデコードして、ビジョンシステムに役立つ新しいタイプの画像を生成する。

シングルおよびデュアルカメラが、引き続き予測期間にコンピュータ支援写真市場で最大市場シェアを維持
 これらのカメラ需要は、iPhone XS、iPhone X、Google Pixelや他の先進的スマートフォンカメラの成長に後押しされている。これらは、シングルおよびダブルレンズカメラモジュールを最先端のイメージングに利用している。マルチレンズカメラを採用することでメーカーは、ズーム、HDR改善、ポートレートモード、3D、微光写真などの新たな特徴を実現できる。iPhone XS、Xiaomi Redmi 7S、Huawei Honor 8、およびSamsung Galaxy Note 8は、強力なデュアルリアカメラを持つ最近のスマートフォンである。

予測期間にコンピュータ支援写真市場で最大市場シェアを持つのはスマートフォンカメラ
 コンピュータ支援写真市場は、人工知能(AI)機能を持つ最先端のカメラを搭載したスマートフォンの販売増が主に後押ししている。スマートフォンベースのコンピュータ支援カメラは、市場で大きな変化を見せている。スマートフォン市場には、コンピュータ支援カメラの強い影響がある。コンピュータ支援カメラは、スマートフォンで進化中である。

3Dイメージングがコンピュータ支援写真で最大シェア
 コンピュータ支援カメラは、特殊な目標の画像キャプチャに利用できる。シーンのモデルが、そこから自動的に生成できる。幅広い可能な変化を双方向的に調べ、始まりをプレビューできる。コンピュータビジョンシステムの進歩により、多くの多様なセンサを使って3D画像をキャプチャでき、またプロセスで奥行き情報を引き出すことができるようになった。

北米が、2019-2024年に最大市場シェア
 北米のコンピュータ支援写真市場の成長は、主に同地域におけるスマートフォン市場の成長に牽引されている。Telecom Leadによると、北米では、Appleが全スマートフォン市場の約40%を占めている。これらスマートフォンは、コンピュータ支援写真機能を備えており、主にイメージング目的で使用される見込みである。