All about Photonics

Business/Market 詳細

ヘルスケアのVR世界市場、2027年に34億4100万ドル

September, 19, 2019, Maharashtra--Zion Market Researchは、「ヘルスケア市場における仮想現実(VR)、提供品(ハードウエアデバイス、ソフトウエア、サービス)、アプリケーション(可視化、コンピュータ支援手術、放射線治療、歯科、メンタルヘルス、心理療法、& PTSD、恐怖症、遠隔治療、身体障碍&リハビリテーション、医療トレーニング/教育/技術レベルの判定、疼痛処理など)、エンドユーザー(病院、診療所、外科センタ、診断研究所、ヘルスケア研究所など)ごとの、2018-2027年の世界の業界展望、包括的分析と予測」レポートを発表した。
 そのレポートによると、ヘルスケア市場における世界の仮想現実(VR)は、2018年に2憶6000慢ドル、2019-2027年にCAGR 33.2%で成長し、2027年までに34憶4100慢ドルに達する見込みである。
 VRは、実生活の感覚的経験を人に与えるシミュレートされた仮想環境の創出である。極めて没入的、視覚的な3D環境を作り、そこでは個人は一連のタスクを行い、仮想的対象を操作できる。仮想的処置は、従来の処置に対する利点は様々である。仮想的処置は、処置において、複雑な侵襲的外科手順や薬剤をなくし、時間とコストの削減に役立つ。ヘルスケア市場でVR促進の主因の一部は、革新的診断技術要求の高まり、神経疾患発生の増加、病識プログラム数の増加である。VRは、ロボット手術、患者教育、心理療法、理学療法、疼痛処理で重要な役割を果たす。
 ヘルスケア市場における仮想現実(VR)は、提供品、アプリケーション、エンドユーザーをベースに分けられている。提供品では、市場はソフトウエア、サービスとハードウエアデバイス(ヘッド追跡システム、非没入システム)を含む。ハードウエアデバイスが、2018年大きな市場シェアを獲得。視覚シミュレーションとして重要なディスプレイデバイスが、仮想現実を作り出すための重要コンポーネント。スマートグラスのようなハードウエアデバイスは、普及率が上昇している。このウエアラブル技術が、臨床成果を改善し、患者ケアの向上となるからである。ヘッドマウントディスプレイ(HUDs)も重要度が増している。シミュレーション、教育、可視化されたデータ、遠隔医療、ビデオ記録、遠隔モニタリングなどのアプリケーションによるものである。
 アプリケーションでは、2018年に視覚化セグメントが世界市場で大きなシェアを占めた。視覚化は、医学教育で実地体験に貢献しているため、勢いづいている。
 エンドユーザーベースでは、病院セグメントが、今後優位を占めると予測されている。診断や手術でVRの利用が急増するからである。
 2018年、北米がヘルスケア市場のVRで優位を占めた。優れた、サポート範囲と技術進歩によるものである。米国には、精神疾患、神経障害患者が多く、高度なヘルスケアインフラストラクチャが存在するので、米国はヘルスケアのVRでこの地域市場を牽引している。ベンダが特に注力しているのは、顧客のニーズと価値認識に基づいた価値に応じた価格モデルである。

(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com/)