All about Photonics

Business/Market 詳細

マシンビジョン世界市場、2025年に14億ドル

September, 13, 2019, Maharashtra--Zion Market Researchは、「マシンビジョン市場、コンポーネント(FPGA、microコントローラ、プロセッサ、マイクロプロセッサ、ディープラーニング、LED照明、オプティクス、フレームグラバー、アプリケーションスペシフィック、DSP、その他)、製品(スマートカメラベースとPCベース)、アプリケーション(認識、位置決め&誘導、同定、計測、品質制御&検査、その他)、カメラ(インタフェース規格、フレームレート、フォーマット、センサタイプ、その他)、産業分野(コンシューマエレクトロニクス、製薬、印刷、太陽パネル製造、機械、エレクトロニクス&半導体、自動車、木材&紙、ゴム&プラスチック、金属、食品&パッケージング、ガラス、その他)、一般産業(郵便&物流、セキュリティ&監視、自律走行車、その他)ごと、20108-2025の世界産業展望、包括的分析と予測を発表した。
 レポートによると、世界のマシンビジョン市場は、2018年に8億1800万ドル、2019-2025年にCAGR 7%程度で成長して2025年には約14億800万ドルに達する見込みである。
 マシンビジョン市場は、予測期間に顕著な成長が見込まれている。さまざまな産業でマシンビジョン機器に対する需要が増加しているためである。また、マシンビジョン装置の進歩では最先端の技術の利用進んでおり、これがマシンビジョン市場成長を促進している。しかし、マシンビジョン装置の維持費の高騰、高い運搬費、原料費の変動がマシンビジョン市場成長の阻害要因となる可能性がある。
 アジアパシフィック(APAC)は、20109-2025年の間に、世界のマシンビジョン市場で大きな成長達成が予測されている。中国やインドなどの国々は、経済成長が急速であるため、マシンビジョンの主要市場である。
(詳細は、https://www.zionmarketresearch.com/)