All about Photonics

Business/Market 詳細

スマートセンス、MEMS Driveと提携してセンシング技術変革

201908211019285806

September, 3, 2019, 上海--高性能CMOSイメージングシステムのサプライヤー、スマートセンス(SmartSens)は、MEMS Driveとの提携を発表した。両社は、CMOS画像センシングチップとチップレベル光学画像安定化(OIS)技術分野において一連の研究プロジェクトで協力し、新たなアプリケーション領域を開いていく。
 モバイルカメラの従来アプリケーションに加えて、画像安定化は、セキュリティモニタリング、AIマシンビジョンや自律走行車など非可動領域のアプリケーションにも同様に重要である。AIマシンビジョン分野におけるビデオキャプチャリングの重要性の一例として、CMOSイメージセンサは、不鮮明な画像になり得る段差のある道路や乱気流などの要素に反応できなければならない。これには、イメージセンサ自体が、並外れた安定化機能を持っている必要がある。これは、AIシステム全体とともに同定の効率向上のためである。
 この提携で、SmartSensはチップレベル耐振動技術を直接CMOSイメージセンサに導入する。これはセキュリティやマシンビジョンなど、非モバイルアプリケーションで利用できる。光学的画像安定化技術は、以前は、ハイエンドDSLRカメラでしか利用できなかった。従来のOIS技術と比較して、チップレベル安定化を備えたセンサは、工学的に非常に簡素化されており、従来のVCMでOIS固有のロバストな機能をまったく失うことがない。加えて、これらのセンサは、センサの回転に安定化制御が付加され、5軸以下で最適安定化が達成される。高ダイナミックレンジ(HDR)イメージングが必要とされることが多いAI対応システムのアプリケーション、高フレームレートビデオキャプチャ、超微光条件でのセンシングでは、SmartSensは、並ぶもののない効率的な安定化の形で完璧ソリューションを提供できる。
 この先数年で、両社は、DSLRカメラ領域を超えて、チップレベル安定化技術の大きな可能性をいっそう深く研究する。これは、開発的、革新的、コンシューマー指向の優位性に依拠するものである。SmartSensは、画像センシング技術の分野で進歩を果たし、独自の革新的ソリューションを、例えばセキュリティモニタリング、自動車イメージング、スマートアプリケーション、マシンビジョンなどAI対応アプリケーションに提供している。
(詳細は、http://www.smartsenstech.com)