All about Photonics

Business/Market 詳細

世界のビジョンセンサ市場、2025年に56億ドル

August, 30, 2019, Maharashtra--Zion Market Researchは、「ビジョン(視覚)センサ市場、センサ(ピクセルカウンタ、コンツアー、モノクロビジョン、カラービジョン、コードリーダー、3Dビジョン、その他)、アプリケーション(計測、検査、コードリーディング、位置特定)、産業(自動車、家電、製薬、食品&パッケージング、その他)ごと、グローバル産業展望、包括的分析と2018-2025予測」を発表した。それによると、市場は、2018年に26億ドル、2019-2025年にほぼCAGR 12.3%成長で、2025年に56億ドルに達する見込である。
 ビジョンセンサは、取得したカメラ画像の助けを借りて存在と全般的な方向決定のために多くの企業や工場に導入されている。ビジョンセンサは、製品の操作、故障状況をガイドする特定のシステムまたはアプリケーションに導入されている。世界のビジョンセンサ市場は急成長している。これは、 ビジョンセンサには多くの利点があり、さまざまなエンタプライズや産業分野による製品需要増によるものである。さまざまな分野で多くの企業が、製品の精度、配置、位置確認を認識するために、プロセスフローの最適化に役立てるために、ビジョンセンサの導入に集中している。加えて、これらのセンサは、非販売製品を除外し無駄を省くことに役立つ。さらにこれらのセンサは、大型機械やシステムを補完する、また組み込みEthernet通信を提供し、専用処理で端点、多点評価をサポートする。自動車産業における品質検査や計測用途のビジョンセンサ需要増も、ビジョンセンサ市場の成長を後押しすると見られている。
 世界のビジョンセンサ市場は、センサ、アプリケーションおよび産業を元に分けられている。センサベースでは、市場は、ピクセルカウンタ、コンツアー、モノクロビジョン、カラービジョン、コードリーダー、3Dビジョンなどを含む。3Dビジョンセンサセグメントが、予測期間で大きなシェアを維持すると予測されている。
 アプリケーションベースでは、市場は、検査、計測、コードリーディング、位置特定を含む。検査セグメントは、将来的に大きな市場シェアを取ると見られている。これは、さまざまな産業でビジョンセンサ需要が増加しているためである。ビジョンセンサは、検査、バーコードおよびマトリクスコードスキャニングで非常に優先されている。完成品やコンポーネントのミスアライメント、欠陥検査、製品仕分け、製造や組立ラインにおける誤った製品取付の検査のためである。
 産業では、市場は、製薬、家電、自動車、食品&パッケージングなどで構成されている。自動車産業はビジョンセンサ市場で大きなシェアを維持すると予測されている。確認、位置特定、検査アプリケーションでセンサ需要が増加しているためである。さらに、検査は、さまざまなコンポーネント、部品、欠陥の特定に役立つ。
 北米が、この先数年、世界のビジョンセンサ市場でかなりのシェアをとると予測されている。インダストリ4.0の早期採用、スマートファクトリプロジェクトの数が増加しているためである。また、食品&パッケージングや自動車産業におけるマシンビジョンアプリケーション需要増加が、この地域市場の拡大を後押しすると見られている。