All about Photonics

Business/Market 詳細

世界の自動車LiDAR市場、2025年に7億3100万ドル

August, 29, 2019, New York--Zion Market Researchは、「自動車LiDAR市場、アプリケーション(自動緊急ブレーキ、半自動車輌、その他)、技術(固体LiDARと機械式/スキャニングLiDAR)、場所(ルーフ、ヘッドライト&テールライト、バンパー&グリル、その他)、イメージプロジェクション(2D、3D)、コンポーネント(レーザ、慣性走行システム、カメラ&GPS/GNSSレシーバ、マイクロエレクトロメカニカルシステム)ごと、グローバル産業展望、包括的な分析と2018-2025予測」レポートを発表した。それによると、世界の自動車LiDAR市場は、2018年に1億2800万ドル、2019-2025年にCAGR 28.2%を上回る成長で、2025年には約7億3100万ドルに達する見込みである。
 LiDARは、レーザ検出と測距としても知られており、物体を感知して検出し、その物体の距離をマッピングする方法。自動車LiDAR市場は、今後著しく成長する。これは、さまざまな自動車会社のR&D活動増によるものである。目的は、自動車性能向上、燃料消費減、快適性改善、およびより安全なドライビングエクスペリエンス提供である。増加を続ける人口のために、自動車需要は世界的に増加している。企業の提携が増加しており、その狙いは、それぞれの専門技術を組合せ、半導体メーカーとともに自動車を共同製造すること。これは自動車分野を刺激し、順に自動車LiDAR市場を活性化する。さらに、自動車LiDAR市場のプレイヤーの中には、製品機能の補完と、世界的に地域プレゼンスを拡大する戦略に積極的に集中しているところもある。この技術は、多様な自動車アプリケーションとコンシューマーエレクトロニクスでの利用で、その精度と信頼性を証明している。しかし、先進的なセンサ搭載による高い自動車コスト、既存LiDAR技術の低い耐性が、自動車LiDAR市場の成長を抑制する可能性がある。
 技術では、自動車LiDAR市場は、固体LiDARと機械式/スキャニングLiDARに分けられる。固体LiDARは、従来の測量法や静的レーザスキャニングと比べて高速。モバイルシステムがレイルロード、ハイレール、トラック、自動車あるいはバックパックに搭載されていてもそうでなくても、データ取得速度は固体LiDARで驚くほどである。アプリケーションごとでは、自動車LiDAR市場は、自動緊急ブレーキング(適応型クルーズコントロールと自律走行車)、半自律走行車、その他が含まれる。自動緊急ブレーキングシステムセグメントが、自動車LiDAR市場で大きなシェアを取っている。これは、適応型クルーズコントロールと車線保持能力のためである。加えて、人の介入なしの自動加速とブレーキング機構が将来この市場の成長を一段と促進すると見られている。
 北米自動車LiDAR市場は、かなりのスピードで拡大すると予測されている。カナダとUSなど技術的に進んだ国々のお陰である。北米諸国の政府は、より安全な自動車を生み出すために自動車分野強化に積極投資している。さらに、その地域政府による自動車へのR&D投資増も自動車LiDAR市場の成長をサポートしている。APACは、世界的に自動車LiDAR市場で大きなシェアを持つことになる、政府によるさまざまな安全対策、経済のプラス成長、道路の安全対策数の増加によるものである。