All about Photonics

Business/Market 詳細

ハイパースペクトルイメージング市場、2027年に429億ドル

July, 1, 2019, Northbrook--マーケッツ&マーケッツ(MarketsandMarkets)のレポート「ハイパースペクトルイメージングシステム市場、製品(カメラ、備品)&アプリケーション(軍事、リモートセンシング、環境モニタリング、農業、鉱物マップ、マシンビジョン/光学選別、ライフサイエンス&医療診断)、2027年までのグローバル予測」によると、市場は2018年の95億1000万ドルから、CAGR 17.5%成長で、2027年には429億6000万ドルに達する見込である。
 ハイパースペクトルイメージングの伸び続ける産業アプリケーション、資金供給と投資の増加が世界のハイパースペクトルイメージングシステム市場成長を後押しする原動力である。

2018年製品ではカメラセグメントが市場で優位
 ハイパースペクトルイメージングシステム市場は、2つの製品セグメント、カメラと備品に分類される。カメラセグメントは、2018年グローバルハイパースペクトルイメージングシステム市場で最大シェアを占める見込である。センサ開発&コンピューティングパワーの最近の進歩、産業アプリケーションの広がりでローコストカメラの販売などの要素が、この市場セグメントの成長を促進している。

アプリケーションベースでは、2018年軍事偵察セグメントが最大シェア
 アプリケーションベースでは、ハイパースペクトルイメージングシステム市場は、軍事偵察、リモートセンシング、マシンビジョンと光学選別、ライフサイエンスと医療診断および他のアプリケーションに別れる。2018年、軍事偵察セグメントが、ハイパースペクトルイメージングシステム市場で最大シェアを占めると見られている。ハイパースペクトルイメージングデータ管理とコンポーネント製造技術の進歩、ハイパースペクトルイメージングデータ(他の伝統的イメージング技術と比較)の高い精度と一貫性が、軍事偵察アプリケーションにおけるハイパーイメージングシステム普及を促進する主因。

2018年市場では、北米が優位
 地域毎では、グローバルハイパースペクトルイメージングシステム市場は、北米,ヨーロッパ、APAC、その他(RoW)に分けられている。2018年、北米が市場で優位を占めると予想されている。これにヨーロッパが続く。この地域の大きなシェアは、高度に発達した研究基盤、技術的に進んだイメージング製品の利用、軍事偵察、環境モニタリング、鉱業、マシンビジョン、ライフサイエンス&診断においてハイパースペクトルイメージングの普及が進んでいるためである。